男が二股を掛け始める心理とは?彼氏が二股している場合の対処法

男性が二股を仕掛ける時、その多くはすでに本命の女性が決定していることが殆どです。もちろん、どの異性を本命に据えるか迷っている男性も少なくありませんが、二股を掛ける男性の殆どが本命の彼女がいるか、もしくは本命がまったく決定していないかのいずれかです。

男性が「二股」という考え方よりも「浮気」という考え方がピッタリとあてはまる生き物です。

そもそも、二股以前に多くの異性と関係を持ち続けたいと考える男性が大半であるため、異性を「選択」するのではなく「より多くを所有」する目的が強いのです。

ですから、男性の殆どは女性が考えるような「二股」的思考のもと行動を起こしている訳ではありません。

しかし、それでも2者択一的な二股を仕掛ける男性は存在します。

彼らは男性の中でもごく珍しい存在と言っても良いかもしれませんが、今後は彼らの様な二股をする男性も増えていくことが予想されます。

男性が二股を掛け始める4つの心理とは?

どちらと付き合うか選べない

モテる男性にありがちなのが、短期間に気になる2名の異性が現れた場合、そのどちらと付き合うべきか選べないが故に二股に走ってしまう行為です。

どちらか選べずにグズグズと2人の女性の間を行ったり来たりしてしまう男性は、本来優しい人間が多いのですが、それゆえに判断力が弱く、直観で何かを選ぶことができない男性が多いかもしれません。

モテている自分に酔ってしまう

二人の異性に好意を持たれている=自分はモテていると思い、つい二股をしてしまう男性もいます。この手の男性は本命をどちらに決めることもないので、二股の状態をとにかく楽しみたいと考えています。

しかし、二股状態に拘りすぎてしまうがあまり、最終的にどちらの異性にすべきか選べなくなる点が問題です。

また、自分がモテていることに優越感を感じる男性は、自意識が過剰な場合が多いのは男女共に共通して言える点でしょう。この手のタイプは付き合っても長期間関係が続くことが少なく、異性経験は多いものの、本当に愛せる相手とは出会えない可能性も高くなります。

二股の背徳感に酔う

二股をしている男性の中には、まれに自分の行為の背徳感に酔っている人間もいます。この手の男性は受け身な体質で、どこか女性的な面を持ち合わせていることが多く。一見してとても二股をしそうもない誠実な男性に見えます。

しかし、その反面、背徳的な行動へのあこがれも強く、「悪いこと」と分かっているからこそ、つい二股に走ってしまう男性も一定数いるのです。

彼らは自らの行為がいかに悪いことなのか良く理解しているので、一度注意を促せばすぐに二股は止めるでしょうが、その後継続的に二股や浮気を繰り返していきます。そもそも、彼らは二股に求めている快楽が「背徳感」であるがため、その行為を中毒的になんども繰り返してしまうのです。

女性に魅力を感じないため

どちらの女性も自分のパートナーとして選び難い時は、大半の男性は二つの異性に決定的な何かが足りないと考えています。

足りない魅力は、求める側の要求によっても変わってきます。例えば女性に母性を求めいる男性ならば、両者ともに母性が不足している。容姿の好みの問題ならば、どちらも共に好みの容姿でない可能性があります。

また、本来求めている要素を備えていても、そのほかの要素が足りないという理由で魅力を感じていないのかもしれません。

 

二股をしがちな男性に出会ってしまった際の3つの対処法

自分の彼氏が二股をしていると知った時、女性が取れる対応は以下の3つとなるでしょう。

すぐに別れる

二股が発覚した場合に最も安全なのが、その様な行動をとる男性とすぐに分かれることです。

二股をされたからといって、貴方自身の魅力が完璧に否定された訳ではありません。それに、二股を一度した人間は本人の性格が治るまで同じ行動を繰り返す可能性もあります。そうした男性と一緒になって苦労するよりは、初めから二股をしない男性と一緒になった方が良い関係を築けるはずです。

二股相手に競り勝つ

どうしてもパートナーを奪いたければ、そこは相手の行為には一旦目を瞑り、ライバルとなる二股相手の女性に競り勝たなくてはなりません。

二股相手の女性は、おそらく貴方とは正反対の魅力を備えていることが多いでしょう。だからこそ二股をする男性はどちらの異性を選ぶか迷ってしまうものです。

であれば、まずは相手の異性の性格的特徴についても本人から聞き出すべきでしょう。そのうえで、自分に何が足りないのか、相手の男性に聞いてみるのも一つの方法です。

そんな事は女性のプライドが許さないかもしれませんが、プライドを捨てるのは勝ために真っ先にやらなければならないことです。ライバルに競り勝つと決めた以上は、徹底して彼を奪いとるための策を講じてください。

男性に選んでもらう

二股が発覚したら、相手の男性にどちらを選ぶのか決断を迫るのも一つの方法です。

ただ、この時には何の努力もなく自分が選ばれるとは思ってはいけません。そこはもはや運の世界に近いのですから。

ただ、どちらも捨てがたいからこそ二又をしている男性に「どっちか今すぐ選んで!」と先に言った方が優先権を得られる可能性は大きいです。

そこは、どちらが本当に好きなのかではなく、「今目の前の女性に嫌われたくない」という心理が優先されるからであり、本当に好きから選んだ訳ではありません。

ただ、結果的には自分と付き合うことを選ぶのですから、二股が発覚した時点ですぐに決断を求めるのも一つの方法ということを覚えておきましょう。

 

まとめ

本来の意味での「二股」的行為をしている男性は多くはありませんが、浮気と同じ意味合いでの二股であれば女性以上に行っている男性が多いのが現状でしょう。

この様な男性の行いで激しく傷ついてしまった女性は少なくないはずですが、もし二股を掛けられても、自分の自尊心を必要以上に傷つけられたと思い込む必要はありません。二股をする人間は、決して立派な人間ではありません。

人間を評価できる立場にない人達ばかりですから、気にせず自分の人生を大切にしてください。