既婚男性は独身者を偽る?探偵が見た男性心理とは

男性が浮気をする時、自らを既婚者と正直に言うとは限りません。

むしろ既婚者である事実を隠した方が浮気が出来る確率が上がるのですから、多くの浮気性男性が独身者を偽りながら、パートナーを求める女性に接触しています。

では、その毒牙から逃れるためにはどうしたら良いのでしょうか?

指輪の跡がある

既婚男性が自らを独身者と偽るためにまず行うのが、身に着けている結婚指輪を外すことです。

しかし、結婚指輪を外した後を見抜くのは簡単です。長年に渡って結婚指輪をつけてきた男性なら、指輪をしている部分だけ細くなっています。

また、日焼けをしそうな外仕事をしている男性なら、指輪の部分だけ日焼けの跡がしっかりと残っているかもしれません。

 

指輪を外した後、男性はその指輪を衣服のポケットや財布の中、もしくはバックの中に隠しもっています。(自宅に戻る時に指輪をしていなければ怪しまれますからね)

もし気になるなら、一度衣服や財布の中などをチェックしてみると良いかもしれません。そこに結婚指輪があったなら、相手は間違いなく黒です。

 

女性に対してかなり余裕な態度を示す

既婚者の特徴は、すでに結婚しているため独身男性に比べてガツガツしていない所です。

その余裕が独身女性を引き付けるのですが、あまりにも余裕な態度をとりすぎている男性には注意が必要でしょう。

見分け方としては、女性の話を良く聞き、関係を急いで結ぼうという姿勢が無い所です。本当にモテル男性は、独身者であっても同じことをするかもしれませんが、容姿に自信があまりなさそうで、異性経験もあまりなさそうな男性が余裕な態度を示しているのは怪しいです。

反対に、本当の独身男性なら異性に対してガツガツしているのが当たり前です。また、異性経験があまりなさそうな男性なら、異性に対して奥手なのも当たり前。そうした一見モテなさそうな態度こそ独身者でも証であり、ある意味では安心の証明でもあるのです。

 

20代後半から30代前半の男性である

男性の結婚適齢期は30代前後ですが、この年代の男性ほど浮気をしやすい人はいません。

この年代の男性は浮気をする時には狡猾にも、成功率を上げるために自らを既婚者であることは明かしません。

反対に、40代ほどになると既婚者であることを明かしながら、合理的な不倫関係を築こうとする男性が多いのも特徴です。

 

土日に会うことができない相手

独身者であれば、彼女とのデートは休日に限られます。

しかし、その休日にデートができないのに、なぜか平日の夜ばかりにデートを重ねる男性なら、相手は間違いなく浮気をしていると思って良いでしょう。

ただ、平日で浮気相手の家に時々泊まってしまう男性は珍しくありません。家庭では仕事に出張が入ったと偽ったり、徹夜の仕事だからと嘘をつき、相手を信用させようとしているかもしれません。

 

自宅に行くことが出来ない

独身者を偽る男性は、浮気相手を自宅に招くことは殆どありません。

当然、自宅には奥さんも居ますし、子供もいるので、浮気相手を家に招くことなど出来ないのです。

しかし、例外的に以下の人達は浮気相手を自宅に招いても、浮気相手の疑いをそらすことが出来ます。

 

出向先の自宅

仕事の都合で地方に出向している人の多くは、単身者向けのアパートやマンションに住んでいます。

そこを自宅であるとして浮気相手を招く既婚者は決して少なくありません。

また、そこには家庭の匂いは殆どありませんから、浮気相手が居たとしても、家族が気が付くことは出来ないのです。

 

別のアパートを借りている

資金的に余裕がある人の場合、浮気のために別のアパートを借りている人も居ます。この手のタイプは浮気相手が一人とは限らず、一度に複数の相手と交際している可能性もあります。

浮気のためだけにアパートを借りれる財力がある点から、異性からモテることも多いのです。

お金がありそうなのに、住んでいる場所が独身者向けの手狭なアパートであるなら、既婚者である可能性を疑ってみましょう。

 

電話が掛かってきても、勝手に切ってしまう

独身者であれば、恋人の前で仕事の電話に出ることは珍しくありません。

しかし、電話掛かってきても出るどころか、勝手に電話を切ってしまうなら気を付けましょう。

この手のタイプの男性は電話を切る理由として「仕事の連絡だけど、今は出たくない」と言う場合が多いです。

しかし、仕事をしている男性であれば、プライベートであっても電話に出ないことなど許されません。これを無視するというのは、かなり余程の事情があると考えてください。

また、電話に出ても部屋を出るなどして貴方に話を聞かせたくないなら、それも既婚者である兆候かもしれません。電話が鳴ったら、まずは貴方の前で電話に出てもらうようにしましょう。

 

もしも既婚者かもと思ったら?

あなたの恋人がもし既婚者であるなら、次の方法を使って真実を確かめてみましょう。

 

携帯電話の中身をチェックする

携帯電話の中身を見て、普段から良く連絡を取り合っている相手を見てみましょう。

その時に気を付けてもらいたいのが、まずは自分とのやり取りをどの様に扱っているかです。もしそこで名前をあえて変えていたり、メッセージを消されているなら、相手は既婚者であり、貴方は浮気相手ということがハッキリします。

また、奥さんとのメッセージらしきもの見つけるかもしれません。証拠を見つけたら、証拠を消される前に携帯カメラを使って中身を撮影しておきましょう。

 

本人に正直に言ってもらう

もし浮気をしているなら、相手を問い詰めれば本当の事を言ってくれるかもしれません。

そもそも、貴方との関係が浮気なら、問い詰められて危険を察知した途端、態度を翻し、相手から連絡を絶ってくるかもしれません。

それならそれで貴方の人生の貴重な時間を無駄にせずに済んだというもの。反対に、相手が正直に既婚者であることを認めたら、すぐに別れることをお勧めします。

 

既婚男性でも婚活や合コンに参加している

どうしようも無い浮気性の男性は、結婚をしている事実を隠して婚活サイトに登録していたり、合コンに参加するなどして異性を食い物にしています。

そんな男性に引っかかってしまうと、あなた自身の人生が無駄になってしまいます。

その手のサービスや出会いの場に出向くなら、相手を良く見極め、自分が騙されていないか常に警戒心を持つことをお勧めします。