相手に飽きちゃった?男性が不倫浮気をしてしまう心理とは?

女性にとって、なぜ彼が浮気をしてしまうのか不思議に思う事も多いでしょう。

また、浮気をする男性の心理など考えたくもない…と考えている浮気被害者の女性も多いかと思います。

そこで、今回は男性が浮気をする最大の理由についてご紹介させて頂きます。

つい魔がさして……

男性が浮気をしてしまう最大の原因は、つい魔が刺してしまったのが原因でしょう。

男性が浮気をする大半の理由は性欲です。それも、相手から浮気を誘われれば、特に理由も無く関係を持ってしまう男性はとても多いです。

また、浮気の範疇に入るのかは微妙ですが、奥さんが居る男性でも風俗を利用するケースは多いです。この様な本能がある以上、浮気を避けられないと考える女性も多いでしょう。

しかし、かといって浮気を許してしまえば、何度でも浮気をするのが男性の本性ですから、決して油断してはいけません。

 

パートナーとの関係が上手く行っていない

一時的な浮気の次に多いのが、パートナーとの関係に不満を感じるため、他の異性との関係に走ってしまう男性達です。

この感覚は女性でも良く分かる部分だと思います。異性との関係が上手く行かなければ、別の異性に惹かれるのは生き物として自然な事ですからね。

ただ、異性に不満を感じるのがどんな理由なのかが問題です。育児放棄やDV(モラルハラスメントを含む)といった理由や、完全な性格の不一致なら仕方がありませんが、自分自身の人格の歪みが原因なのに、相手のせいにしてしまう人もとても多いです。

もしこれに気が付かず浮気をしているなら、この男性は生涯伴侶を得られないかもしれません。浮気をする前に、いったい何が原因なのかしっかりと考えてもらいたいものです。

 

金銭問題

昔は男性の金銭問題が原因で女性側が離婚をするケースが多かったのですが、男女の平等化が進んでいる今では、夫婦双方の金銭問題によって浮気が発生し始めています。

女性の金銭問題で多いのは、浪費や借金などでしょう。夫婦の収入はどちらが多く稼いでいようとも、共同財産であることに変わりはありません。

奥さんが一方的にお金を浪費していると、旦那さんが愛想を尽かしてしまい、別のパートナーに安らぎを求めてしまうのです。

 

仕事のストレス

男性は環境的に厳しい職場で働くことが多いので、そのストレスをどこかで発散しなければなりません。

かといって、奥さんに愚痴をこぼすわけにもいかず(奥さんが愚痴を聞くことを徹底的に嫌う)家庭の外に癒しを求めてしまいます。

そうした場所となりやすいのが、キャバクラやスナックなどでしょう。こうした場所で働く女性たちは、とにかく男性に癒しや安らぎを与えることに長けています。そのため、仕事で疲れていた多くの男性が彼女たちに夢中になっています。

また、プロである女性だけではなくとも、包容力があり、男性を癒すことが出来る女性にこの手の男性は走りやすいです。その結果待っているのは、奥さんを捨てて別の女性に走ってしまう悲しい結末でしょう。

これはもはや避けられない事ではありますが、それまでに夫婦関係を改善できれば、なんとかなるかもしれません。

 

男性は性欲以外での浮気が多い?

男性は性欲にまかせて浮気をしている人も多いですが、そうではない男性も多いです。

特に、以前より異性への興味関心が薄れている現代を見れば、その兆候は時代を経ると共に増して行くことが予想出来ます。

異性への関心があまり高くない男性が浮気をする原因は、その性欲に左右されません。配偶者への不満や、夫婦関係の破綻、または金銭的理由など、様々な理由によって離婚します。

 

男性の地位低下が浮気を招いている?

浮気率の上昇を語る上で、女性の社会進出は決して外せない問題です。

しかし、それと同時に男性の地位低下によっても離婚率が上昇している理由を考えなければなりません。

男性の地位の低下とは、すなわち男性の性欲の減退につながっているかもしれません。活発に異性を求める男性は原始的なハーレム願望を持っており、複数の異性と関係を持ち続けるでしょう。

ただ、それだけであれば離婚率はそこまで高くありません。女性が社会進出をしてきて、離婚が出来る権利が増えたとしても、ハーレム願望を持っている男性はそもそも多くの女性を所有したいという欲望があるため、女性の立場や意見など尊重せず、離婚を拒む傾向が強いです。

しかし、現在の離婚は男性が受動的になり、ハーレム願望が低く、そもそも女性を所有物とは見なさなくなりました。その結果、女性を一人の人間として尊重し、その自由を認める男性もとても多くなりました。

 

離婚は不満が募った方から切り出す

その結果起きているのが、男性側からの配偶者への不満による離婚の増加です。離婚は必ず不平不満が募っている方から切り出されます。

そこに浮気や不倫などという決定的な原因が無く、正確の不一致などの一般的な離婚事由があるなら、必ず不満を募らせ、我慢できなくなった方から離婚が申しだされます。

この不平や不満が男性側にあるからこそ、男性側から奥さんに離婚を申し出る回数が増えているのは、男性が女性を所有したいという欲望──すなわち、性欲の減退が大きな原因とも考えられます。

 

男性側が離婚を切り出す機会はさらに増える?

男性の性欲が減り、社会的立場も下がっていけば、今後は男性側から離婚を切り出す機会が増えていくでしょう。

しかし、男女の社会的立場が入れ替われば、今度は離婚総数は減っていきます。

また、女性が社会を支配するメリットはいまだ無いため、人間を取り巻く環境が大きく変化しない限り、そうした事態にはならないでしょう。

 

男女平等の社会は最も離婚率が高い?

男女が真に平等である社会とは、最も離婚率が高い社会を意味します。

今後、私たちはそうした社会を生きて行かなければならず、離婚は当然のものとして捉えて行かなければならないかもしれません。

また、そうした時代では離婚は決して他人事ではありません。将来にそなえ、離婚に対する知識も身に着けておく必要があるでしょう。