ネット浮気の証拠を集めろ!調査はパソコンを狙え?

ネットの浮気は基本的にインターネットを介して行われます。

そのため、パソコンの中身を調べることで浮気の証拠のほとんどを集めることが出来ます。

ただし、共用のパソコンでない限りは、パソコンの中身を本人に断りもなく覗きみるとことは、例え夫婦の間であってもプライバシーの侵害に当たります。

しかし、覗き見る行為がプライバシーの侵害であっても、行われている不貞行為の方が程度が酷い場合には、主張の相殺が行われることもあります。なんにせよ、リスクがあることを頭に入れながら調査してください。

メールアカウントをチェック

メールアカウントをチェックすることで、その人物がどんなサイトにアクセスしているのか?

一体どんなやりとりをしているのかも、受信箱の中さえ見ればあらかた分かります。

SNSのメッセージ

SNSでやりとりをしているメッセージは、登録しているメールアドレスに通知するように設定されています。受信箱の中を見れば、SNSのやりとりを知ることが出来ます。

しかし、もしもSNS側でメールの通知設定を切っている場合には通用しません。もし確認できれば良い程度に考えておきましょう。

 

頻繁にアクセスしているサイトを知れる

どんなサイトを頻繁に使用しているのか、受信箱の中からも知ることが出来ます。

最近はフリーメールを使う人が増えてきています。パソコンに触れることが出来なくとも、別の端末からメールサーバーを開けば、中身を確認することが出来ます。

この方法は、サイトの履歴を消している人に対して有効です。あまり人に見られたくないサイトばかりをのぞいている人は、配偶者にバレないように自動設定をつかって履歴を消しているケースも見られるのです。

 

直接メールでやりとりをしている相手を探す

コミュニケーションツールが大量に出回っている現代でも、メールアドレスで浮気相手と連絡を取り合っているひとがいます。特に中高年がネット上で浮気相手と出会った場合には、LINEではなくメールを使うケースが見られます。

また、LINEなどの有名アプリは配偶者に覗かれる危険性があるため、あえてフリーメールを使てって浮気相手とコンタクトを取るという用心深い人もいます。

 

メールの文章はすべて写真で保存

メールの中から証拠が出てきたら、その全てを写真で保存しておきましょう。

写真を使ってメールを保存するメリットは2つあります。

1つめは、証拠能力の高さです。写真はデジタルデータであっても、文章をそのままダウンロードするよりも改竄の余地がないため、証拠能力に優れていると言われます。かなり解像度の高いカメラを使えば、より証拠能力は上がりますが、1000万画素前後のスマホカメラでも十分事足ります。

 

もう一つは、短時間のうちに大量の証拠をストックできる点です。

メールアドレスを覗き見ることはできても、その中身をじっくりと分析できないことも多いはず。そんな時には、怪しいと思われるメッセージを開いて写真に撮っていけば、あとでじっくりと分析することができます。

 

Skypeをチェック

インターネット浮気では、良くSKYPE良くが使われます。

Skypeとは、米マイクロソフトが運営するビデオチャットアプリです。世界中で古くから使われているアプリケーションだけに、パソコン間でのコミュニケーションではLINEよりも使用されています。

このSkypeは浮気不倫の手段としてもよく利用されています。

チャットの履歴をチェック

Skypeに登録されているアカウントの中に浮気相手がいるとしたら、相手との会話の履歴が必ず残されています。

会話の内容を見つけたら、あとで削除されないように写真で残しておきましょう。

 

通話の履歴をチェック

skypeでは音声通話が主なコミュニケーションとなっています。

音声通話の履歴はSkypeを立ち上げれば出てきます。ただし、同時に複数人の相手とも通話をしている可能性が考えられるため、それぞれの通話履歴をチェックし、通話時間が長く、なおかつ頻度が多い相手を特定しましょう。

 

LINEをチェック

ネットで知り合った相手と頻繁にやりとりをするために、LINEを使う人はとても多いです。

そこで、チャンスさえあればLINEをチェックしてみましょう、その中で浮気と思わしき会話があれば、すかさず写真におさめてください。

 

ダウンロードフォルダをチェック

ネット上で浮気相手とやりとりをしているなら、もしかしたら、相手の顔写真などがダウンロードフォルダに残されているかもしれません。

フォルダの中を確認して、怪しい画像などが無いか確かめてみましょう。その中で、浮気相手とのエッチなやりとりのために使われた写真があれば、こちらも写真を取って保存です。

 

ネット浮気の証拠は、すべてデータ?

このように、ネット浮気の証拠はすべてデータとして残ることになります。

しかし、データをそのままフラッシュメモリーに移して保存しても、証拠能力はあまり高くありません。

ですが、どうしても大量の証拠があるため、その全てを自分の端末に移したい……と考えているなら、そのデータは裁判などで証拠として提出しないほうが良いでしょう。

他人の端末から盗んだデータは、反社会的行為に基づいて得られた証拠です。となれば、証拠能力は著しく低下するため、不貞行為にまつわる裁判では有効活用できません。

ただし、分析のためにどうしても必要というなら、リスクを覚悟して行ってください。

 

ネット浮気の証拠は不貞行為の証拠ではない?

ネット浮気をしていたとしても、その行為は法律上の浮気とは定義できない可能性があります。

そもそも、過去の判例において、浮気は「配偶者以外の異性と好意にもとづく2回以上の性行為があること」を前提としているとされます。

ネット浮気の場合、たとえ好意がそこにあろうとも、実際に不貞行為があるかはわかりません。

ただ、ネットで出会った浮気相手と関係が深くなれば、確実にどこかで会って不貞行為に及んでいると考えたほうが良いでしょう。その証拠を見つけるのは大変ですが、慎重に調査を進めることで、不貞行為の周子をとらえることができるかもしれません。