過去に行われた不倫浮気を調査することは可能か?

普通の浮気調査であれば、現在行われている浮気の疑いがある人間について調査を進め、浮気の証拠を入手します。

しかし、依頼者の中には相手の過去の浮気について調べて欲しいと相談してくる人も居ます。

そのような悩みを抱えている人の中には、過去の浮気調査ができるの解らないため、相談をしたくても出来ない人や、そんな事を相談したらきっと断られてしまうと思い、探偵社に聞くに聞けないでいる人も居るかもしれません。

しかし、通常の浮気調査程ではないにしろ、探偵が過去の浮気調査を行う事は可能ですし、例え探偵社に断られたとしても、自分の手で簡単な調査を行う事が出来ます。

過去の浮気調査の依頼は受け付けていない探偵社が多い

まず初めに断っておかなければならないのは、過去の浮気調査について積極的に依頼を受け付けている探偵社は一つも無いと言う事です。

それは幾つかの探偵社のホームページを見てもらえればすぐに解る事で、どの探偵社のホームページでも、過去の浮気調査に関する依頼を受け付けている広告を出している所はありません。

なぜなら、過去の浮気調査では、離婚裁判や調停に効果がある『不貞行為の証拠』(配偶者以外の異性との性行為)を入手することが極端に困難になってしまうからです。

不貞行為を法廷で証明するためには、ラブホテルを代表とした密室に、2~3時間以上居た事を映像に収めなければなりませんし、それ以外の証拠の殆どはただの状況証拠として扱われてしまいます。

しかし、いくら探偵といえど過去にタイムスリップして一週間前にラブホテルに出入りする対象者と浮気相手の様子を撮影することはできません。

また、ラブホテルなどに設置されている監視カメラの映像も、民間人に提出してくれた例は過去に一度もありませんので、この線も諦めなければなりません。

 

過去の浮気を立証するための方法

探偵社が表面上募集を避けているとは言っても、実は依頼内容によっては過去の浮気を調査してくれる探偵社は沢山あります。

なぜなら、過去に浮気をしている男女共に、配偶者には「もう浮気相手とは別れた」と言っていても、現在も浮気相手と密かに連絡を取り合っているケースが非常に多いからです。

そのため、実際に過去の浮気の証拠を見つけることはできませんが、過去の浮気相手と現在も関係が続いていないかどうかを調べる事が可能です。

また、一度発覚した浮気相手に慰謝料請求をするために、浮気相手の本名や住所などを本人がひた隠しにしたままお茶を濁してしまったため、過去の浮気の証拠を掴もうとするかたも居ますが、この場合は過去の浮気の証拠を手に入れるよりも先に、浮気相手の連絡先調査を探偵社に依頼した方が良いでしょう。

なぜなら、過去の浮気はすでに発覚しているため、配偶者の自供(自白)はすでに取れているのですから、わざわざ浮気の証拠を手に入れる必要は殆どないのです。

この点を勘違いして無理に映像証拠を手に入れようとする人がいますが、それよりもまずは浮気相手の連絡先を調べ、慰謝料請求の内容証明郵便を送りつけることを優先した方が良いでしょう。

 

自分で行える過去の浮気調査

専門的な調査はプロに任せればいいですが、費用が足りない場合には、依頼者自らが過去の浮気の証拠を集める事によって調査費用を抑える事が可能です。

レシートやカードの使用履歴

浮気相手とラブホテルを使用した場合、そのレシートをうっかり財布やバッグに入れたままにしている人もいますので、念のため配偶者の身の回りのものを確認しておきましょう。

この時、疑わしきレシートを発見したならば、念のため写真を撮影して元に戻しておきましょう。もし相手が現在も浮気相手と関係をもっている探偵社に依頼して確実な不貞行為の証拠を手に入れる事ができます。

また、クレジットカードなどの使用履歴なども確認しておくと良いでしょう。

通常、ラブホテルをクレジットカードで決算した場合、明細にはホテル名の変わりに、○○商会や○○○システムなど、ホテルとは関係の無い業種の名前で記載されます。

そのため、もしも明細に良く分からない会社名があった場合には、ラブホテルの偽装記載の可能性があるため、念のためインターネットを利用して実在する会社かどうか調べておくことをお勧めします。

写真

深い関係にあった不倫相手の場合、例え関係が終わったあとでも、その間に撮影した思い出の写真などをスマートフォンやパソコンの中に保管している可能性があります。

%e6%8e%a2%e5%81%b52

こうした写真の中にはベッドシーンなどのかなり過激な写真が残っていれば、確実に不貞行為を立証できますが、依頼がそのような写真を直接見てしまうと精神的ダメージが大きいので、探す時にはなるべく心の準備をしておいた方が良いでしょう。

また、写真以外にもやりとりをしたメッセージや手紙などを残してる場合もありますので、あらゆる可能性を考えて証拠品を探しましょう。

 

不貞行為の証拠は現在行われているものが一番確実

過去に不貞行為を行っていた場合、すぐには浮気相手や不倫相手と関係が切れずに、ずるずると行為を続けている人間は沢山いるので、過去の浮気調査だけにとらわれず、現在も浮気を続けている前提で調査をすすめるのが一番効率的です。

また、浮気が一度発覚した人間は、配偶者への警戒心が異常に高くなるのでなかなか尻尾をみせない事が多いので、まずは探偵社に相談し、簡単な浮気調査を実施することをおすすめします。