携帯電話やスマホから浮気を見抜く方法と証拠の押さえ方

携帯電話やスマートフォンを利用して浮気調査を行う場合には、第三者である探偵が直接携帯を操作する事はできません。

つまり、この調査だけは必ず依頼者が行わなければならず、そのノウハウを理解していなければならないのです。

また、最近ではSNSを利用した出会いが増えているせいか、浮気が原因で離婚裁判となった判例では、メールやLINEの記録を証拠として提出している人が増加傾向にある等、携帯電話の調査の必要性は高まり続けています。

浮気の兆候を調べるチェックポイント

暗証ロックで保護された携帯電話から浮気の証拠を入手することは難しいですが、浮気の兆候を見抜く事は簡単ですので、以下の項目をに当てはまる行動を取っているか確認してみてください。

通知設定を切っている

現在普及しているスマートフォンの場合、SNSやメールボックスにメッセージを受信すると、その内容がポップアップ表示で通知される様になっています。

しかし、浮気相手からのメッセージが通知によって表示されてしまうと、その内容を誰かに見られてしまう恐れがあります。

そのため、浮気をしている人間は通知設定を切っている場合が多いので、配偶者の携帯にLINE等でメッセージを送ってみて、通知が出るかを確認してみましょう。

常時マナーモードにしている

浮気をしている人間は、浮気相手と頻繁に連絡を取り合っている事を悟られないため、一日中マナーモードにしている可能性があります。

公共施設や公共交通機関での移動、もしくは仕事中ならマナーモードでも不思議ではありませんが、家の中でもマナーモードにしているようなら少し疑ってみたほうが良いかもしれません。

トイレに携帯電話やスマートフォンを持っていく

どんな時でも必ずトイレに携帯電話やスマートフォンを持っていくようなら、浮気の可能性を疑ってみると良いでしょう。

トイレに行っている隙に携帯電話を覗かれたくない心理が働くのと、トイレの中で浮気相手と連絡を取り合っている可能性があります。

スマートフォンを操作する手つき

浮気相手と連絡を取るさい、演技が上手い人間はアプリゲームで遊んでいるふりをしながら、平然と浮気相手とメッセージをやりとりしている事もあります。

しかし、アプリゲームの場合は基本フリック動作(指をスライドさせる)であるのに対して、メッセージの場合はタップ動作(指で画面を押す)を行うため、ゲーム中であるにも関わらず、タップばかりをしているならば、浮気相手にメッセージを送っている可能性があります。

 

携帯電話やスマートフォンの中身を見る場合の注意点

まず初めに注意しなければならないのは、携帯電話の暗証番号を不正に解除してしまうと、離婚調停や裁判での証拠能力が無くなってしまう事です。

過去の判例においても、携帯電話を盗み出したり、暗証番号を盗み見てロックを不正に解除することは、たとえ配偶者であっても反社会的行為とみなされ、その証拠能力を失ってしまうのです。

また、暴力を用いて携帯電話の中身を見ることは当然のごとく反社会的行為とみなされるので、いくらメールの内容が浮気の事実を物語っていても、裁判では無意味な証拠となってしまいます。

(※過去の判例)
『東京地裁平成10年5月29日判決:夫が妻の不倫相手に対して慰謝料を請求した事件において、裁判所は、別居後、夫の自宅から盗み出した妻の行為に強い反社会性があるので、盗み出した陳述書の原稿を、証拠として認めなかった』(出典:判例タイムズ)

ただし、もしも離婚裁判や調停をするつもりが無い場合には、携帯の中身を確認するのも一つの方法でしょう。

また、携帯の中身から得られた情報を裁判所に提出せずとも、その情報を元に探偵社に依頼し、より本格的な調査を行えば、メール文章よりもさらに強力な証拠(調査報告書)を得る事も可能です。

 

携帯電話やスマートフォンから浮気の証拠が出てきた場合の対処法

いまや個人で出来る浮気調査の定番ともいえる携帯電話調査ですが、もしも携帯電話の中身からこのようなメッセージが出てきたらどうしますか?

『また会いたい』

『この間は凄い良かった、またしようね』

『今度はいつ会えるの?』

一見して、間違いなく浮気の証拠となる文面ですが、多くの方はこうした文章を見た時点で動転してしまい、配偶者を問い詰めてしまいますが、すぐに相手を問い詰めてしまうと後々こちらが不利になる可能性があるのです。

 

浮気のメッセージは必ず保管する。

浮気のメッセージを発見したら、すぐに相手を問い詰めず、まずはそのメッセージを保管する必要があります。

なぜなら、浮気のメッセージを発見した場合、その場で相手を問い詰めてしまうとメッセージをその場で消されてしまう恐れがあるからです。

もしもメッセージを消されてしまった場合、その後離婚問題に発展した場合に提出できる証拠が減ってしまうので、有利に離婚を進められなくなってしまいます。

 

メッセージを直接転送する場合

メッセージを保管する場合は、その文面を自分の携帯に直接転送しても構いませんが、証拠としての能力が下がる恐れがあります。

メールやSNSの文面などのデジタルデータは偽造が容易にできてしまうため、携帯電話のメッセージに限らずとも、直筆の手紙や手記に比べれば証拠能力が弱いという弱点があります。

ただ、例え転送したメッセージだとしても、状況証拠としては十分効果的であり、まともな反証で証拠能力を否定することは容易にできません。

裁判での反証例
  • メールの存在を認めるものの、不貞行為については否定する。
  • メールの存在を認めず、偽造されたものだと主張する。
  • メールの内容が書きかえられていると主張する。

1の主張を唱えられた場合には、その行為を推測できる状況証拠として採用される場合が多いです。

2の主張の場合、裁判から著しいマイナス評価を受けてしまうため、この様な主張をする人はまず居ません。

3の主張をする人は、当事者同士の話し合いの結果を裁判官が判断し、証拠として採用するかを決定します。

メッセージは写真で撮影

配偶者の携帯電話に浮気の証拠となるメッセージを見つけた場合は、出来るだけ写真で撮影するように心がけましょう。

写真はテキストよりも遥かに偽造が難しいため、メッセージをコピーするよりも証拠として採用される確率が上がります。

写真を撮影する際には、必ず記載されている日時や発信者などの全ての文字が入るように撮影してください。

撮影に使う機材は専門的な物で無くとも、携帯電話に供えられたカメラでも十分通用します。ただ、写真にブレがあると証拠偽造にかんするあらぬ疑いを掛けられる恐れもあるので、綺麗に撮影するように心がけましょう。

 

携帯電話のメッセージの取得方法には注意が必要

61_2

携帯電話の中身を見る際には、携帯電話を家から盗み出したり、暴力を用いてはいけません。そのような行動を取ると反社会的行為によって習得された証拠とみなされてしまい、民事裁判では証拠として採用されなくなってしまいます。

ただ、暗証番号を盗み見てロックを解除する「不正アクセス」に関しては、第三者が行えば犯罪であるものの、配偶者の持つ携帯電話を盗み見る程度であればまず違法性に問われる事はありません

そのため、違法性はあるものの証拠能力を否定するほど重大な違反行為ではないため、多くの離婚調停や裁判において携帯電話から得られたメールが証拠として使われるた裁判は大変多いです。

探偵社に依頼をする場合でも、事前に携帯電話の中身を確認しておけば、その情報のおかげで調査の成功率が上がったり、調査費用そのものを抑える効果が期待できます。

今や携帯電話は浮気をするための最重要ツールでもあるので、その証拠の取り扱いについては十分注意して行う様にしましょう。