浮気調査の依頼で感じる抵抗感。その正体とは?

自分お妻や夫が浮気をしていると知った時、その事実を突き止めるためにいきなり探偵を雇おうと考える人はいません。

むしろ探偵を雇うのは、浮気問題について一度か2度喧嘩をしたあと、それでも浮気をやめていないパートナーに浮気の決定的な証拠を突きつけるために依頼することが多いかもしれません。

しかし、よく考えれば、最初に浮気を疑った段階で調査を依頼した方が安全、かつ安い料金で調査を進められることに気が付くでしょう。

なぜなら、二度、三度と浮気問題で喧嘩をしていれば、相手側もパートナーに疑われていることははっきりと自覚しているので、警戒度も高くなっています。

こうなった後に探偵社に調査を依頼するからこそ、調査の発覚が起こる可能性が高まうと考えれば、やはり初めに浮気の疑いがあった時に調査を依頼した方が確実に調査を成功させられるでしょう。

では、いったい人はなぜ浮気調査を早めに頼むことが出来ないのか?

今回は探偵社に調査を依頼する人の心理について詳しく解説させて頂きます。

 

調査費用の高さ

探偵社へ浮気調査の依頼を躊躇う一番の原因は、調査費用の高さだと言われています。

なにせ、探偵社に浮気調査を依頼した場合の相場は20~30万円と言われています。

これだけの費用を、たった一度の浮気で出そうと思う人がどれだけ居るでしょうか?

もちろん、それは相手に対する愛情の深さ、経済状況、または浮気の度合いによっても大きく変わるでしょうが、少なくともこの金額を一時の感情に任せて出せる人間は極めて少ないと言えます。

そのため、たとえ相手に浮気の疑いがあっても、まずは本人に訪ねて反応を伺ったり、できる限り自分で調査を行って費用の節約を行う人が多いのです。

ただ、そういった方法で得られる情報はとても限られたものです。携帯電話をロックされてしまったり、財布の中にもバックの中にも浮気の証拠を一切残していない様な状況なら、もはや決定的な証拠を手に入れるためには、この手の問題解決を専門に行うプロに依頼するしか無くなります。

だからこそ、人は一度目の浮気の疑いは自ら対処しようとして失敗し、二度目の疑いからその経験を活かして、初めから探偵に相談しようと心に決める場合が多いのです。

 

浮気調査を行うことへの罪悪感

浮気問題における夫婦の関係は、「浮気加害者」と「浮気被害者」の二つに別けることが出来ます。

つまり、これは犯罪における加害者と被害者、または民事訴訟における被告と原告と同じ形になります。

しかし、だからといって、どんな被害者でも加害者に対して報復を行うことに対象なりとも躊躇いがあります。それは法律で認められない様な暴力に限らず、金銭で問題を解決することにも大きな抵抗を感じる人がいます。

そして、そんな罪悪感は時として探偵を雇い、浮気加害者の調査を行うことにも発揮されてしまうのです。

例えば、あなたのパートナーが浮気したことを想像したとき、探偵をやとって浮気調査を行い、その証拠を徹底的に集めようとはなかなか思わないですし「それはちょっとやりすぎなんじゃ・・・」と、自分自身で思う部分もあるはずです。

なにせ、探偵が行う調査はプロのそれです。生半可な素人調査とは違い、何人もの人員を使い、車両を使い、特殊な機材を使うことによって、本人には少しも気取られることなく浮気の証拠を集めることが出来ます。

しかも、そうやって集められた浮気調査の証拠はもともと裁判を前提としたものですから、慰謝料請求に離婚請求はもちろん可能。さらに使い方次第では、相手の社会的信用に大打撃を与えることだって可能です。

そんな強力な武器を、はじめての浮気騒動で振りかざすことに躊躇いを覚えない人はいません。それに、これはまるで、ただの口喧嘩で、いきなり法律で認められた凶器を持ち込むようなもの。たとえ相手からはじめたトラブルだとしても、報復としてはやりすぎだと考えることもあるでしょう。

 

そもそも離婚を意識していない

はじめての浮気が起きたとしても、それだけで崩壊してしまう家庭は殆どありません。どうせ一度目の過ち。相手が考え直し、家族を大切にしてくれる様になれば再び家庭に安定が訪れると考える人が殆どです。

ただ、これも2度、3度と続けば、いくら寛容な人間でも考えは代わります。そして、その頃には家庭の修復を願う気持ちも消えはじめ、頭の片隅に「離婚」の二文字がチラつきはじめるでしょう。

しかし、離婚とは両社の合意があってはじめて行えるものですし、相手に離婚を拒まれてしまえば簡単に別れることは出来ません。

また、そのまま離婚をしたとしたら、自分は確実に独り者になりますが、相手は浮気相手と一緒になる可能性もあります。こんなこと、とても許せるものではありません。

こんな状況なら、まず探偵社に相談しようと考えはじめても不思議ではありません。

浮気の証拠をしっかりと握りさえすれば、受けた精神的損害に見合うだけの慰謝料を請求し、なおかつ財産分与も有利に進められる可能性もある以上、これを行わない理屈を理解する方が難しいでしょう。

 

浮気調査の依頼はだれでも躊躇うもの

これらの理由によって、様々な人が浮気調査を躊躇っています。

つまり、もしもこれを読む貴方が浮気調査を躊躇っていたとしても、それはとても正常なことなのです。

そして、それでも探偵社に依頼をする人は、それまでに多くの葛藤があるでしょう。本当に探偵社に頼んでいいのか?費用はどうしたらいいか?成功率の高い探偵社はどこか?浮気調査をしたことで関係がさらに壊れることはないか?などなど・・・・

しかし、そんな貴方の悩みを最も理解しているのは、浮気問題に詳しい専門家だけです。

誰だって人生の内に、それほど大きな浮気問題を経験することは一度か二度だけですから、一人だけで答えをだすことなど簡単にはできません。

また、現在は弁護士、カウンセラー、探偵など、様々な場所で無料相談を行っています。

相談の方法も電話、メール、チャットなど、貴方の状況に合わせて様々な方法を選択できるでしょう。そこから依頼をするかどうかは貴方しだい。もしかしたらアドバイスだけでも問題を解決できるかもしれません。一人で悩まず、まずは誰かに相談してみましょう。