浮気を見抜くための大切なポイント

男性の浮気を見抜くためには、以下のポイントを押さえることで、誰もが簡単にその兆候を見抜くことができます。

携帯電話のロックを厳重にしている

今や何をするにも携帯電話が必要な時代となりましたが、浮気も同様に携帯電話がなければ行えなえません。かつては家庭に電話が一台しかなく、浮気相手と連絡を取る事も困難でしたが、個人で持てる携帯電話の普及によって、私達はかつてとは比べものにならないほど浮気や不倫をしやすい環境を得てしまいました。

その結果、浮気を疑った人間は、まずはじめに携帯電話に残された履歴やメール、SNSの通信記録をチェックする様になり、携帯の中身を見られては困る人間ほど、携帯に暗証番号を掛けて中身を覗かれる事を防ぐようになったのです。

ただ、現在は個人情報保護の問題や、情報管理に対する危機感が高まっているため、大量の情報が詰まっているスマートフォンに日常的に暗証ロックを掛けている人も多いです。

その場合は起動画面のロックのみである事が大半であり、その中で動作するLINEやメールなどにもロックを掛けるなど、2重、3重のロックを行っている場合には浮気の可能性が高いと言えます。

 

携帯電話を離さない

浮気をしている人間にとって、携帯電話の中身は浮気の証拠だらけになっています。

そんな最重要機密を机の上に放置していると、何かの拍子に中身を見られて浮気がばれてしまう可能性もあるため、浮気をしている人間ほど携帯電話を放置しなくなり、何処に行くにも携帯電話を持ち歩くようになります。

実際に浮気が発覚したケースで多かったのは、トイレと風呂場に携帯電話を持ち込んでいる場合です。

もともと水に弱く、普通なら携帯電話を持ち込みたくない風呂場にまで持って行くようなら、浮気を疑ってみるのアリだと言えるでしょう。

 

金銭の管理を自ら行いはじめる

浮気をしている人間が悩むのが、浮気のために使うお金をどこから工面するかです。

これが始めから夫婦別々に金銭を管理しているなら問題ありませんが、大抵の家庭はお金の管理を妻に任せきりにしているため、使用用途が不明なお金の流れがあれば、すぐに妻にバレてしまいます。

そこで、浮気が本格化しはじめると、夫は自ら金銭管理を行いたいと妻に申し出たり、給与明細を渡さないようになります。

 

服装に気を使いはじめる

例え浮気といえど、異性同士の恋愛である事に変わりはありません。

そうなると、当然のごとく異性を意識してファッションセンスが派手になったり、香水やバッグ、持ち物の趣味まで変わりはじめます。

特に男性は服装に無頓着な人が多いですが、浮気をはじめた途端にファッション雑誌を買い始めたり、靴下や下着まで自分の好みで買い始める事があるのです。

 

残業や出張が多くなる

浮気をするためには当然会う為の時間が必要になりますが、そのための時間を作る為の口実として仕事を利用する人は多いです。

その中でも『残業』『出張』『休日出勤』はアリバイ工作の常套手段であり、この言葉が増えはじめたら浮気を警戒しはじめた方が良いでしょう。

 

趣味の時間や友人と遊ぶ時間が増える

残業や出張を理由に浮気をするのは男性に多いですが、女性の場合は趣味や習い事、もしくは友人との買い物や旅行をアリバイ工作に使用する事が多いです。

ただし、専業主婦の場合は家に夫も子供も居ない時間が多いため、アリバイ工作をしなくとも十分に浮気をする時間があるので注意が必要です。

 

急に優しくなる、もしくは冷たくなる。

他の異性に意識が向いていると、正式なパートナーに対する態度が極端に変化する事があります。

夫婦中の悪化が原因で浮気をしている場合には、浮気相手に依存している傾向が強いため、正式なパートナーへの態度は冷たくなりやすいです。

また、夫婦仲が普通なのにも関わらず出来ごころで浮気をしている場合には、浮気に対する罪悪感が強いため、パートナーへの対応が何時もよりも優しくなります。

さらに、浮気を過ちであると認めながらも、ズルズルと関係を続けている場合には、強い罪悪感のせいで強いストレスを感じているため、挙動不審な行動を取る傾向にあります。

 

浮気を見抜くためには、普段から行動を確認すべき

以上の特徴さえつかめれば、パートナーの言動から浮気を見抜く事は容易になるでしょう。

しかし、もしも普段からパートナーへの興味が薄く、その行動を殆ど把握していなければ、浮気に気が付けるチャンスは極端に下がってしまいます。

愛している人間に浮気をしてほしくなければ、普段からなるべく配偶者の事を気にかけ、一緒に居る時間を増やす事をおすすめします。