浮気不倫をするのはセックス欲求からなのか?

浮気とセックス(性行為)は切っても切り離せない関係であり、多くの人が浮気=異性とのセックスであると考えています。

そして、浮気=セックスである以上、浮気の主な目的が性欲であると考えている人が多いようです。

しかし一方で、浮気=恋愛であると考え、浮気そのもののスリルある恋愛を楽しんでいる人も多く見られます。

それでは、浮気をするのはセックスが目的なのか、それとも恋愛が目的なのか?今回は男女の浮気論におけるこの最大の争点について言及していこうと思います。

男性は『浮気=セックス』であると考えやすい

多くの男性が持つ浮気願望の根源にはセックスへの強い欲望があると断言して良いでしょう。

この論を裏付ける証拠としては、カルフォルニア州立大学のサックス博士が率いるチームと、ノース・テキサス大学のラッセル。クラーク博士が率いるチームの調査結果が有名でしょう。

サックス博士の調査

このチームは同大学の大学生の男女に対して『見知らぬ異性と知り合ってすぐにセックスができるか?』という質問をしました。

その結果、女性は32パーセントが出来ると答え、男性はなんと54パーセントもの人間がデキルと答えたのです。

このチームの研究結果から、女性のおよそ3割、男性のおよそ5割の人間が初対面でもセックスを行えることがわかります。

この数字は、初対面という関係ながらセックスを行える以上、それはセックスに対する願望の強さを表すと見ても良いですし、セックスによって発生するリスクの度合いや、リスクを感じる大きさが女性の方が高く、男性は低いことを示しています。

クラーク博士の研究チーム

こちらも同じく大学生へのアンケート調査ですが、その質問がまた凄い。

なんと『いきなり道端で会った人にセックスを求められたら、その誘いに乗るか?』という質問だったようです。

筆者としては、さすがにこれは男女共に0パーセントだろうと予想していましたが、やはり女性の場合は0パーセント。これは納得せざるを得ません。

ただ、男性の方は「誘われたらセックスをする」と答えたのが、なんと69パーセント。なぜ先ほどの質問よりイエスの割合が増えているのか理解に苦しみます。

しかし、この結果が示すものも、少し考えれば明らかになります。

それは、男性が「チャンスがあればセックスをしたい」と考えている生き物であり、それは相手の正格やステイタスなどを一切無視している可能性が高いということ。

そして、見ず知らずの、それも通行人の異性であっても「チャンスである」とセックスをする男性は半数以上を占めているという結果なのです。

この結果からみても、男性の浮気の言動力がセックスへの願望であることは明白ですし、極端に言ってしまえば、男性は『チャンスさえあれば浮気をする』生き物であるという事です。

ただ、多くの研究データから男女の浮気率に大きな変化が無い事から、セックスへの願望があるからといって、全ての男性が浮気をしている訳ではなさそうです。

 

女性は恋愛を求めているのは本当か?

それでは、浮気をする女性はセックスを目的としておらず、精神的なつながりを求めているのかどうか?

それには、まずは男女の浮気の仕方に関する研究結果から説明しなければなりません。

その研究を行ったのは、日本の厚生労働省であり、同省の研究班が男女の生活の意識の違いについて2008年に大規模なアンケート調査を行いました。

その結果導き出されたのは、『男性は複数の相手との浮気を好み、女性は1人の相手と長期的な浮気を好む』 というものでした。

アンケート結果

Q:アンケート日から過去1年間の間に複数の相手とセックスを行った事がある。

A:男性(15.8パーセント) 女性(4.2パーセント)

Q:浮気経験がある

A:男性(12.2パーセント)女性(11.0パーセント)

いかがでしょうか?

この調査結果では、複数の異性と性的関係を持つ女性が少ないのに対して、浮気経験があるかという質問に対しては、男女の比率に差がなくなっています。

つまり、女性は複数の異性との性行為は好まないが、一人の異性との性行為なら好む生き物であるという事です。

こうした結果からも、女性がセックスを目的としておらず、異性との恋愛関係に重きを置いている事がわかります。

男性は浮気を好み、女性は不倫を好む

男性は複数の異性との場当たり的なセックスを好み、女性は1人の浮気相手との関係に重きを置く以上、男性は浮気を、女性は不倫を好む傾向にあると言えるでしょう。

もちろん、それは不倫の定義が「配偶者以外の一人の異性と長期的な肉体関係を持つ」であることが前提なので、女性がセックスをしない訳ではありません。

ただ、セックスにそれほど重きを置いているかというと、それよりも恋愛活動の一環としてセックスを重要視しており、好みの異性を繋ぎ留めたり、愛情を感じる手段として用いている可能性も考えられます。

 

浮気はひたすらに快楽を求める

以上の事から、男性は明らかに浮気はセックスを目的としたものであり、性的な快楽を得たいがために活動を行います。

しかし、だからといって女性がセックスの無い浮気をする訳ではありません。長期的な関係を持続させるためには、たとえ浮気でもセックスは必要なもの。(女性はセックスを行う事によってホルモン物質を分泌し、異性への深い愛情を感じます)

つまり、男性は性的な快楽を得るために浮気を行い、女性は恋愛的な快楽を得るために浮気を行っている訳で、どちらか一方が快楽を無視して浮気をしている訳ではありません。

女性の場合は、一人の異性に対してのめり込む事快楽を求めて浮気を不倫へ発展させやすい女性の場合、それはもはや婚姻関係を修復するのは不可能なレベルであるため、早い段階で関係を絶たなければ、家庭崩壊はもはや免れないでしょう。

男性の場合、家庭崩壊には繋がりにくいものの、場当たり的に複数の相手のセックスをするため、不特定多数の女性の人生をもてあそび、さらには妻や子供まで裏切るため、いつ、だれから慰謝料請求をされてもおかしく無いリスクを背負います。

結局、男も女も自分勝手な理由で浮気をして、自分や周りに恨みを買ってしまうのですから、人間とはなんとも不甲斐ない生き物だなと思ってしまいます。