不倫相手が同性愛者!不貞行為は成立する?

男女の恋愛の自由化が進むことは素晴らしいことです。特に、今まで世間では圧倒的に冷遇されていた同性愛者の結婚が一部の地域で可能になることはとても望ましいことです。

しかし、恋愛の自由化が進んだせいなのか、最近は不倫の相手もバリエーションに富んできました。

それでは、もし貴方の不倫相手が、配偶者にとっての異性ではなく、同性……つまり、同性愛者であった場合にはどうすべきなのか?

今回はこの問題について皆さんと一緒に学んで行こうと思います。

 

不倫相手が同性愛者?

不倫相手が同性愛者である事例は日本ではまだ少ないです。しかし、世界的に見れば決して珍しいことではありません。

それに、すでに異性と結婚しているのですから、同性愛者であるとは誰も気が付きませんよね?しかし、そこには次の様な問題が潜んでいます。

 

バイセクシャルである

バイセクシャルは、異性を愛することは出来ますが、同時に同性も愛することが出来る人達です。彼らはセクシャル・マイノリティの一つに分類される性的嗜好をもっていますが、異性に対して好意も持てるため、結婚の際には、世間体を気にして同性よりも異性と関係を結ぶ傾向にあります。

しかし、結婚相手が異性であるため、不倫相手には同性を求める癖があります。しかも、自らがバイセクシャルである事実を隠している人もいます。

その気持ちはとてもわかりますが、結果的に配偶者を裏切ってしまうのですから、初めから正直に話してもらいたいものですね。

 

ホモセクシャルである

ホモセクシャルは同性のみにしか好意を抱けない人達です。別名ホモセクシャル。異性に対して好意を抱けないために、多くの悩みを抱えている人が多く、社会的にもまだまだ認められていないため、カミングアウトをすることが出来ない人も多いです。

そのせいか、世間になじむために異性と結婚し、同性愛者であることを隠し通そうとする人もいます。それ自体、決して世間が責められることではありませんが、結果的にカモフラージュのために結婚をされた異性にとっては複雑です。

 

セクシャルマイノリティを隠して結婚する人々

セクシャル・マイノリティは社会では常に冷遇されてしまいます。

それは現在よりも昔の方が厳しかったこともあり、セクシャルマイノリティであることを隠し通すために、あえて異性と結婚することもやむを得なかったかもしれません。

しかし、それでも彼らはセクシャル・マイノリティを辞めることは出来ません。中には結婚をすればセクシャル・マイノリティで無くなるかもしれないという淡い期待を抱いて結婚する人もいた位です。

しかし、結果的に子供が出来、父親になっても、やはりバイセクシャル、もしくはホモセクシャルである事実は変わることはありません。

 

不倫相手は同性を求める

結婚相手が異性である同性愛(両性愛)者は、本来秘めていた欲望を開放させる場を常に求めています。そのため、同性のパートナーを求めています。

しかし、同性のパートナーは決して簡単に手に入れられはしません。そこで、同性のパートナーを得られるようなクラブやコミュニティーに参加することもあります。

 

異性愛者の苦悩

異性愛者の不倫や浮気は、罪悪感を抱かない人は殆どありません。

むしろ、パートナーを二重の意味で裏切る(不貞行為の裏切り・性的な愛が無い裏切り)があるため、その苦しみは計り知れません。

しかし、かといって不倫を続けられることは、正式なパートナーにとっては辛いことのはずです。

 

同性愛、両性愛者の浮気は不貞行為になる?

夫が男と、妻が女と浮気をしている人が、配偶者を不貞行為で訴えることは一般の様にはいきません。

もともと、法律上の不貞行為に関する明確な定義はありません。そのため、定義をするために過去の判例から文脈を積み上げなければなりません。

その結果、現在の定義は「配偶者以外の異性」となっているので、裁判を起こしても、不貞行為として認められるからは法律家によっても意見が分かれてしまいます。

しかし、前述のとおり、不貞行為には明確な定義がありません。また、今後の判例によっては配偶者以外の同性でも不貞行為が認められるかもしれません。

ただ、現在は不貞行為による離婚や慰謝料請求は難しいことは間違いありません。

 

不貞行為の立証が難しい

仮に、同性同士が同じホテルに入ったり、アパートやマンションの一室に泊ったとしても、その行為のみを指して不貞行為であると指摘することは出来ません。

もしこれが不貞行為であるなら、友達同士の旅行や寝泊りも不貞行為と言えることになってしまいます。

また、メッセージのやりとりも同じです。異性間ならまだしも、同性同士であると「ふざけていただけ」という理由が通りやすくなります。

つまり、現在の所、同性との不貞行為を立証するとなれば、少なくとも本人の自白が必要になります。これが無く、相手が不貞行為を認めなければ、それを立証する手立ては限りなく少ないのです。

 

同性愛者というだけで離婚は出来ない

相手を同性愛者だと知らずに結婚していた場合には、同性愛者という理由で離婚を求める人もいます。

しかし、これは差別的な理由であるため、裁判ではまず離婚事由として扱われません。

ただ、配偶者とのセックスレスや配偶者以外の相手との肉体関係が離婚の主なポイントとなるので、「その他の重大な離婚事由」による離婚は可能となります。

 

まとめ

セクシャル・マイノリティである人々の悩みは未だ解決できていません。

また、世間の目線の厳しさから、本来愛している同性のパートナーではなく、あえて好きではない異性のパートナーと結婚する人すらいます。

しかし、その結果配偶者を裏切ることは許されるものではありません。こうした出来事が起きないためには、はやく同姓による結婚が認められる制度が作られ、セクシャル・マイノリティにとって住みやすい社会が作られるべきでしょう。

ただ、その後は同性愛者が別の同性と不貞行為を働くこともあるでしょう。

そうなれば、立証はかなり難しいでしょうね。わかりやすいボディ・ランゲージがあれば良いのですが、そうでなければ、不貞行為を証明することは出来ないかもしれません。