浮気のためのウソを付く人間は、頭の良い人間ほど備えている?

浮気をするのに嘘を付くことは欠かせませんが、この能力は人間の文明が発達する中で備わったものではありません。むしろそれよりも以前の原始時代から人間は持ち続けてきた能力であるとも言われます。

つまり、人間は何らかの理由によって浮気をしなくては成らなくなったのですが、その理由は一体何故なのか?今回は人が浮気をする本当の理由について迫ってみたいと思います。

人間が乱婚状態だったのは何時まで?

人間と浮気の関係について考える前に、まずは私達がいつ頃から「特定の異性に限定して関係を持つ」という事をし始めたのかを考えなければなりません。

この点に関しては諸説ありますが、有力と思われるのが、人間の進化の過程の中で、乱婚状態であった事はかなりの初期、もしくは私たちが未だ類人猿であった頃か、それよりも前の事であったという説です。

人類が進化出来たのは、かなり早い段階から、他の動物よりもより社会性のある集団を築いてきたからだと言われます。その社会性とは、いわゆる「ハーレム」である一夫多妻制の原型です。

ただ、全ての雄が一夫多妻制であった訳ではありません。ボスである雄が多くの女性をパートナーにしていたのは事実ですが、下位の雄にも配偶者が存在していました。つまり、実際には上位の雄が一夫多妻であり、下位の雄が一夫一妻制度をとっていた、混合婚であったと考えられるのです。

はじめて浮気をしたのは、やはり雄?

この様な複合ハーレム文化では、かなり下位に位置する雄は子孫を残すことは出来ません。ただ、彼らに同情することは厳しい自然界では許されません。争いに打ち勝つより強い子孫を残すことこそ、自然界でその種が生き残るために必要不可欠だったからです。

では、彼らは本当に子孫を残すことが出来なかったのか?いいえ、彼らもきちんと子孫を残していました。その方法は、群れのボスや、上位の雄を欺き、その瞬間に異性を誘惑して交配を行うという方法によるものだったのです。

この現象は、現在でもアフリカ等に生息するヒヒの他、一部の霊長類でも確認されています。

 

浮気による交配が人類を進化させてきた?

かつての人類が浮気をしたのは、雄同士の争いに勝てなかった弱い雄の必死の生存戦略であったとして、一体それに何のメリットがあるでしょうか?

前述のとおり、種の生存のためには強い遺伝子を残す必要があるはずです。弱い遺伝子は淘汰されるべきですから、わざわざ弱い遺伝子を残す必要は無いはずですよね?

しかし、かつての私達が浮気を覚えた理由にも、下の様な理由が考えられるのです。

 

様々な遺伝子のパターンを残すため

オス同士の争いにかつ強い遺伝子とは、攻撃的でより男性的な遺伝子を残す必要があったからですが、現在、この世界を見てそんな人達がどれだけ要るでしょうか?むしろ、そうした攻撃的な人達は社会生活を送ることが難しく、犯罪者になってしまう気がしてしまいます。

つまり、私たちが現在の様な穏やかな性格、または攻撃性が抑えられた性格を手に入れたのは、かつて自然界では「弱い雄」の遺伝子が残ってきたからとも考えられるからです。

 

将来に備えるため

厳しい自然界では劣等であった遺伝子も、時代の移り変わりによっては優等遺伝子となることがあります。

例えば、かつてアインシュタインの様な精神的に不安定ながら天才的な頭脳を持つ遺伝子があったとしても、力こそが全てという厳しすぎる自然界では、何の役にも立たなかったかもしれません。

しかし、そうした遺伝子を持った弱い雄でも、他者の配偶者であるメスを誘って遺伝子を残してきたのかもしれません。

ただ、これらの理由は全て、現在からみた過去の後付けに他なりません。実際の所、なぜ人類が浮気をしはじめたのかが分かるのは、まだまだ先の話になりそうです。

 

浮気には2つのパターンがある

浮気をハーレム願望と捉えている人は、強い男性ほど浮気をすると考えているかもしれません。

しかし、実際にはそれだけではなく、前述の様な「弱い雄の遺伝子」を将来に残すためにも必要だった以上、ハーレム願望が低い草食系男子でも当然のごとく浮気をします。また、この手のタイプは既婚女性に手を出すことが多いのかもしれません。

つまり、浮気には本当にモテる男性の「ハーレム願望」による浮気と、自身の遺伝子を将来に対して残せる可能性が低いモテない男性による「生存戦略的浮気」の二種類があるという事です。後者の場合は、異性を所有する意識が低く、性行為さえできれば満足というタイプが多いのが特徴かもしれません。

一方、ハーレムタイプのモテる男性の場合は、異性を所有したい欲望が強いので、長期間にわたって不倫関係を続け、なおかつ複数の異性と同時進行的に関係を持ちたい欲求に駆られているはずです。

いずれにしても女性にとっては困りますが、まだ弱い男性による生存戦略的浮気の方が被害が少ない可能性があります。また、この手のタイプの男性は異性との関係に将来性が無いと判断すると、すぐに別のパートナーを求めて行動するので、一時的な二股はあれど、別れたり離婚することが当たり前かもしれません。

 

まとめ

人類の歴史の中では、浮気は人類の生存戦略として重要な位置をしめていた可能性があります。また、男性の浮気もハーレム願望タイプと、生存戦略的浮気をうる二種類の男性が居る可能性もあります。

こうした事を知ると、女性も男性の浮気についてより詳しくなれたでしょうが、それでも浮気について許すことは出来ませんよね?

 

確かにその通りで、いくら浮気が人類の進化の上必要であったとしても、それが当たり前になると、パートナーの関係を維持できなくなる仕組みも、人類の進化の上で必要不可欠なものでした。

つまり、浮気は必要であっても、それを非難することも人間には必要なのです。

もしもあなたの配偶者が浮気をしてしまったら、やはり浮気を咎めずにそのままやり過ごすことは出来ません。特にこれから夫婦生活が始まるという場面での浮気であれば、その本能を理解しながらも、相手にしっかりと反省をしてもらう必要があるでしょう。