夜のバーはやっぱり危ない!浮気をしてしまう魔のシュチュエーション

人にはどうしても浮気をしてしまう、まるで悪魔のようなシュチュエーションに出くわしてしまうこともあります。

そこで、今回は浮気をしやすい状況についてご説明します。

浮気をしない、もしくはさえないためにも、どんな場所が危険なのか頭に入れておきましょう。

会社の飲み会

飲み会でついお酒にまかせて浮気をしてしまう……そんなありきたりのシュチュエーションは、この日本では最も浮気をしやすい状況です。

飲み会で浮気が起きやすい理由は「お酒」「飲む相手」「場の雰囲気」の浮気をしやすい三つの状況がそろっているからです。

 

「お酒」

お酒を飲むと、人は普段とは違う姿を見せ始めるものです。

アルコールが人間を変えてしまう理由は、脳内に大量のドーパミンを分泌するからです。

ドーパミンは脳に快楽を与える物質の一つです。ドーパミンが大量に分泌されると、人間のは快楽と共に、食欲や性欲なども上昇します。その結果、お酒の勢いに任せてベットインしてしまう浮気カップルが大勢生まれているのです。

ただ、お酒がもたらす効果は快楽だけではありません。

アルコールは気持ちを安定させるために分泌される脳内物質の働きを抑える効果があるため、怒りや恐怖、悲しみや不快感なども抑えることが出来なくなります。

そのせいか、飲み会で急に泣き出した女性を介抱する男性が、そのままラブホテルになだれ込むということもあるのです。

 

飲む相手

飲み会は合コンとは違い、大抵は見知った人間とするものです。

すでに気心が知れている相手ばかりがその場に集っているとなれば、さらに、普段から興味のある異性がその場に居る可能性も高まります。

特に注意したいのが職場の飲み会です。ここでお酒の力を借りて、普段から気になっている異性にアプローチを掛けてしまう人が多いのです。

しかも、お酒が入っているせいか、アプローチした側も浮気に応じてしまう可能性が高まります。

飲み会で浮気が成立しやすい関係は、年下の女性部下と、年上の男性上司という関係です。

会社の飲み会はお酒の席とはいえ、必ず上下関係があるため、上の人間からの誘いを断り切れず、なし崩し的に浮気関係に発展してしまうこともあるのです。

 

同窓会

同窓会で浮気をしやすいのは中高年以上の人々です。良くドラマなどでは知られていますが、やはり現実でも同窓会で浮気をする人は多いです。

 

十数年ぶりに出会った昔のアイドルと…

昔から浮気をしやすいのが、昔クラスの人気ものだったアイドルと偶然再会し、此方から新たな恋心が芽生えてしまう可能性があります。

当時は高値の花だった相手も、年齢を重ねれば誰もが同じ目線で話せるもの。昔話に話を咲かせるうちに、ついつい相手に再び夢中になっている自分が居るのです。

 

現状を相談し合う内に…

男女の相談ごとは、浮気のスタートラインになりやすいです。

同窓会で出会った男女は、お互いに古い友人でありながら、互いの現状について知りません。そのため、互いの現状を話し合う内に、日常のトラブルについての相談に発展していくこともあります。

さらに、同窓会で出会う人間は、普段はまったく付き合いの無い人であることが多いです。だからこそ、家庭の話や、妻や夫への不満なども言い出しやすくなります。

そんな相談をしていると、お互いに同じ悩みを抱えていることが分かる時もあります。特に互いに夫婦関係にトラブル抱えている人間同士だと、その相談が発展して浮気へと進んでいくこともあります。

 

出張先

社内不倫のシュチュエーションに意外となりやすいのが出張先です。

出張先に男女で向かう社員同士が特に好意を持つ関係性でなければ良いですが、もしどちらかが好意をもっていた場合、それは浮気をする絶好の機会となります。

 

出張先に頼れるのは仕事仲間しかいない

仕事で出張に向かった時、その先で自分をフォローしてくれるのは同僚しかいません。

それは同じ会社の支社であったり、まったく別の仕事であっても同じです。

そんな状況では、いつもよりも互いの信頼関係が高まるものです。信頼を勝ち取ることが出来れば、行為を持つ相手と関係を持つのも容易くなります。

 

二人きりの空間が続く

出張先に男女が出向くと、二人でいる時間はいつもよりも長くなります。

朝、昼、夜、そしてその全ての食事を同じ人間と取ることになります。

そうなれば、男女の仲も自然と発展していくもの。同じ時間を長く過ごした男女ほど、互いに惹かれ合うものです。

 

吊り橋効果

出張先は、普段とは勝手の違うことばかりです。仕事の仕方はもちろん、周囲の環境から受ける仕事のストレス度も大きく変わって来るため、常に緊張状態が続いていることもあります。

人間は、同じ緊張感を抱く異性とは、より親密になりやすく、好意も抱きやすくなります。これを心理学では「吊り橋効果」と呼びます。

吊り橋効果は出張先での環境が厳しいほど発揮されます。

難しい仕事を一緒にこなした異性には、必ずといって良いほど好感を持ち、パートナーとしての信頼関係ができ始めます。あとは、それが仕事のパートナーではなく、浮気のパートナーに変化するだけ。これが出張先に男女が揃って行くことの恐ろしさなのです。

 

バー

昔のテレビドラマや映画では、良くバーなどでナンパし、一夜を共にしてしまう男女の姿が描かれていましたね。

ただ、これは時代遅れのエピソードではなく、現代のバーでも良く行われています。

一番狙われやすいのだ、単身でバーにくる女性客です。一人でバーに来る女性の多くは寂しく、孤独に飢えているもの。その隙間を埋めるために、ナンパされた男性からの誘いもあっさりと受けてしまうことがあります。

しかし、その相手が既婚男性であり、知らない間に不倫関係に持ち込まれてしまう……なんてパターンは良く耳にします。

中高年位の男性となれば、出会い系か飲み屋で女性をナンパする位しか方法が無くなります。夜のバーで一人で飲む女性は、既婚男性の魔の手に気を付けてください。

 

浮気はシュチュエーションによって起きる

浮気はしてはならない行為です。

しかし、条件が整ってしまうと、誰もが浮気につい走ってしまことも多いのです。

特にお酒が入っていたり、異性と二人きりで長時間を過ごすとなると、浮気に発展する確率はかなり高くなります。

自分の夫や奥さんの浮気を防ぐなら、そうしたシュチュエーションをなるべく減らすようにしてみましょう。