この世には浮気をした事が無い男性は居るのか?浮気に関する徹底調査

男性の浮気症は昔から問題視されてきましたが、だからといって全ての男性が浮気症と言う訳ではありませんし、実際に浮気を疑われて調査された男性の中にも、浮気をしていなかった人間は沢山います。

しかし、女性の中には何回恋愛しても浮気症のダメ男に捕まってしまったり、過去の浮気被害が忘れられず、新しい恋愛に踏み出せない人も多いことでしょう。

そこで、今回は男性の浮気率をはっきりとさせ、全ての男性が浮気をする訳では無いことを覆し、新たな恋愛への一歩を手助けしたいと思います。

男性の浮気は31%?

恐らく日本の性行為事情に最も詳しいと思われるコンドームメイカーの相模ゴムさんが行ったアンケート調査によれば、アンケート調査を行った全ての男性中でおよそ26.9%が浮気経験があるとしています。

中でも、20代の男性は最も浮気率が高く31パーセントの男性が浮気経験有りと答えています。

ちなみにこのアンケートは14100人に対して行っているとの事で、大学の研究機関が行うセックス意識調査とは比較にならない程の精度を誇るデータと言って良いでしょう。

ちなみにこの調査における浮気の定義は「別の異性との性行為」を対象としているので、心の浮気や風俗などは一切範疇に入っていません。

 

男性の3割は浮気をするが、残り7割は浮気経験が無い

このアンケート結果から導き出された答えは、男性のおよそ3割は浮気をした経験があるが、7割は浮気の経験が無いという結果でした。

つまり、世の中の男性の7割は一切の浮気経験が無いという結論に至る訳で、『男性は浮気をする生き物』という世間一般のイメージはそれほど当てはまっていない様子。

では、一体7割の人間はどうして浮気をしていないのか?

その特徴について解説したいと思います。

 

浮気をしない7割の特徴

浮気をしない7割の男性には以下の様な特徴がみられます。

モテない

はっきりと言って、モテない男性は確実に浮気が出来ませんし、永遠に浮気をしてほしくないのであれば、まっさきにモテない男性をおすすめします。

ちなみに、アンケート結果では7割の男性が浮気経験が無いと書きましたが、それは悪案で浮気をしていないだけで、浮気をしたい願望はどの男性にもあると言い切って良いでしょう。

ただ、だからといって全ての男性が浮気をできる訳ではありませんし、当然モテなければそもそも恋愛が出来ないのですから、恐らく女性のみなさんも同情せざるを得ないでしょう。

ただ、容姿がいくら優れていなくても、内面が優れている男性は幾らでもいますから、その点において男性を評価して見れる玄人女子であれば間違いなく幸せなカップルになれるはずです。

逆に、見た目だけで結婚するカップルはやはりその後の離婚率も高くなりやすいので、モテない男性を選ぶことは、離婚を防ぐ最高の方法だとも言えるのです。

恥ずかしがり屋

容姿が優れている男性でも、内向的で恥ずかしがり屋な男性は浮気に抵抗を覚える人が多いです。

こうした人は地味で目立たない性格をしている事が多いですが、人となりはとても純粋で良い人が多いはず。派手な人間よりはよほど信頼が置けるでしょう。

ただ、やはり恥ずかしがり屋な分、そもそも異性関係が苦手というデメリットも……もし可能であれば、貴方からアプローチを掛けてデートに誘ってあげてください。

異性への興味が薄い

同性愛者という訳ではありませんが、異性に対する興味が薄い男性は、浮気願望そのものがとても薄い可能性があります。

こうした男性は自分に要求しすぎる異性が大変嫌いなんですが、大抵の女性は彼氏に要求ばかりしているかもしれないので、そもそも恋愛関係が長続きしないかもしれません。

ですが、その分浮気の心配も薄いので、多少変わりものでもフィーリングが合うようなら付き合ってみるのも良いでしょう。

仕事人間

とにかく自身の仕事が大好きで、その仕事に誇りをもって生きて来た職人肌の男性は浮気=時間の無駄と考えている事が多いので、浮気が怖いのであればおすすめの男性です。

ただ、付き合っている時に仕事ばかりやりすぎる彼に「仕事と私どっちが大切なの?」という発言だけはNG。

こういう男性は仕事を邪魔する人間は全て敵ぐらいに考えているので、あっというまに貴方への興味を失う可能性があります。

男性としての理想が高い

「男はこうあるべき」「男として」という言葉をいつも使っているような熱い男性は、女性からしたらちょっと暑苦しくて鬱陶しいでしょう。

しかし、こうした男性はとにかく理想的でカッコイイ男性像に憧れているので「浮気をするような男性は筋が通っていないナンパ物だ!」と本気で思い込んでいる節があります。

そのため、女性と付き合いはじめたらとにかく貴方一筋で生きていきますし、浮気という考えが浮かんだ時点でしっかりと自分を責めれるだけの強いモラトリアムを持っています。

全ての男性が浮気願望を持っている以上、いかにその欲望を抑え込めるのかと考えた時、やはり『理想の男性像がある』男性ほど、自分の過ちに早い段階から気が付いて正す能力に優れていると言えるでしょう。

怖がり

男性なのにとにかく怖がりで、小さな事でもオドオドしてしまう男性は、たとえ少しでも浮気心が芽生えた段階で挙動不審になり、浮気を見抜かれる事でしょう。

浮気そのものを抑制することは難しいかもしれませんが、水際対策を取ることが可能。

コントロールしやすい男性がお好きなら、このようなタイプにアタックを掛けるのも良いでしょう。

良い人間ほど浮気をしないが、優れた男性は浮気する

浮気論を語る人の中には「優れた男性(女性)であるほど浮気はしない」という事を言いますが、はっきりと言ってこれは誤りです。

正確には『あなたにとって都合の良い男性』が浮気をしないのであり、男性として仕事がバリバリと出来て、バイタリティがあり、コミュニケーション能力長ける上容姿にも優れた『優れた男性』は確実に浮気をすると言って良いです。

つまり、見た目や収入、雄としての能力よりも、人間としての個性やセンスを見抜いて男性を選ばなければ、浮気をしない7割の男性の中から、自分に合った男性を見抜く事はできないのです。

これは例えるなら、買い物と一緒。高ければお金がかかる(浮気をする)し、安ければ性能に問題あり(好みではない)。だからこそ安くて性能が良い製品を選ぼうと思う訳ですが、それが簡単に見つかればみなさん苦労はしないはず。

この点においては男女共に無意識に行っている異性選びの方法ですが、浮気をしない男性を見抜くには、多少本能に逆らって男性を選ぶ必要があるので、ぜひとも頭を使って男性を見るようにしてください。