不倫相手とのデートの場所は?不倫男性の日常

不倫はあくまで「既婚者が配偶者以外と行う恋愛」を指す言葉です。不倫をしている人間同士の間では、それは「恋愛」となんら変わりません。

ですから、そのデートコースも、恋愛をしているカップルと殆ど変わらないものが多いのも特徴です。

観光地

不倫関係にある男女が出かける場所といえば、やはり日本各所の観光地です。

不倫関係にある男女はそう簡単にデートが出来る環境にありません。仕事で忙しいのもそうですが、そもそも何方か一方には家庭があるのですから、仕事終わりに気軽にデートができる機会も少ないのです。

そのため、お互いの休日などがあった日にデートをする時は、常に特別なデートにしようとするものです。そのためには、やはり観光地などに日帰りか、もしくは泊りがけでデートに行くことも多いのです。

この時には、男性は出張とウソをつくことが殆どです。出かける時はスーツ姿かもしれませんが、荷物にはしっかりと私服が入っており、なぜかデジカメまで装備しているかもしれません。

また、デートのために家で様々な準備をしているはずです。観光地の情報を集めたり、宿泊先を決めるために旅行雑誌を見たり、インターネットで検索しているかもしれません。また、宿泊の予約や移動手段のチケットを入手するためにどこかで余分な出費をしています。丁寧に調査をすれば、必ずその予兆に気が付けるでしょう。

 

高級ホテル

奥さんや子供にはお金を使わないものの、不倫相手の気を引くために惜しみなくお金を使うという男性は沢山います。

また、この手のホテルならホテル外に出ずともデートを楽しめるので、デートコースをわざわざ考える必要も無くなります。

 

レストランやおしゃれなカフェ

普通のカップルと同じく、女性が好みそうなレストランやカフェも不倫のデートスポットとなります。

こうした場所で夫婦で行くことが少ないですが、不倫は本人達にとっては恋愛と大差がないので、こうした場所にも当然の様に出入りします。

 

カラオケボックス

不倫デートでカラオケに行く人間も少なくありません。カラオケは男女共通の趣味ですし、個室であれば周囲の目を気にする必要もないので、不倫デートでは良く好まれます。

また、探偵としてもカラオケボックスはかなり厄介な場所です。ボックス内で密会をされると、外からでは接触が確認できない場合もあります。

また、中にはボックス内で性行為に及ぶ人間も居るので、なかなか気の抜けないスポットです。

 

その他

その他にも、カップルで行く様なデートスポットなら、不倫カップルでも使うことが多いです。

バレンタインデーには他のカップルに紛れていますし、クリスマスやゴールで運ウィークも、カップルのデートスポットの様な場所に出入りしています。

ですから、傍目から見て「不倫カップルだろうな」と見分けが付くようなカップルはなかなか居ません。カップルの場所と言われる場所にも、当然のごとく不倫カップルは出入りしているのです。

 

不倫ならではのパターン

不倫カップルは、通常のカップルとは違う別のデートスポットもあります。

それらのスポットは、主に「周囲の目」をごまかすために存在しているので、調査の中でも「ここで何をしているのだろうか?」と疑問に思う場所も多いです。

マンションの一室

ある程度の経済力があれば、不倫相手との密会場所としてマンションやアパートの一室を借りることが出来ます。

こうした場所を準備するのは、周囲からの目を恐れてのことと、不倫相手をつなぎとめるための二つの目的があるからです。

また、経済力がかなり大きい人物ともなると、容易するデート部屋の規模も大きくなります。密会場所としてはあまりにも大げさな高級マンションの一室を準備する人も少なくありません。

パーキングエリアや駐車場

不倫デートを周囲に見られたくない時は、とにかく人目を避けれる場所を選ぶといのが不倫カップルの特徴です。

そんな時に良く使われるのが、近くのパーキングエリアや駐車場です。

この場所はお互いに車を持っているカップルが密会場所として良く使う場所です。特に性行為に及ぶような場合は、人気のない駐車場を選んで車を停めて性行為に及ぶ男女も多いです。

郊外のファミリーレストラン

社内不倫をしているカップルで庶民的な人々は、人目につかないデートスポットとして離れた場所にある郊外のファミリーレストランを利用するケースも目立ちます。

こうした場所は、とにかく本人達の知り合いが居ないという理由で選ばれます。また、同年代の人間が来にくいことから、中高年のカップルがあえて深夜にファミリーレストランを利用する場合もあります。

 

不倫カップルは警戒心で場所が変化する

人間というのはとても面白いもので、例え不倫をしていても、周囲の目を気にしない人間んもいれば、必要以上に警戒する人間もいます。

そこには社会的な地位や不倫相手との関係性などの環境からの影響と、本人の体の中で起きている影響とか複雑に関係しあっています。

例えば、社会的立場のある会社役員が年下の社員と不倫にあれば、当然不倫をしているなら周囲の目を気にするでしょう。

しかし、その関係があまりにも密接で、お互いに恋愛感情が高まっていると殆ど周囲の目を気にしなくなってしまい、同じ社員と遭遇するかもしれないデートスポットを巡り歩くことすら平気で出来てしまいます。

つまり、どのデートスポットに出かけているのかで、本人達の警戒度がわかり、そこから関係の密接度なども図れるのです。

 

まとめ

浮気や不倫のデートスポットによっては調査が難しいこともありますが、それでも粘り続ければ証拠を得られる事も多いです。

しかし、やはり事前にどんな場所で不倫デートをしているのか分かれば、調査をする側としては対策も立てやすくなり、成功率もアップしていきます。

探偵に依頼する前に、不倫デートの場所などが分かればより良いでしょう。