不倫で迎える不幸な結末!最悪の三つのパターン

不倫によって幸せな結末が迎えられるなら、おそらく多くの人が不倫に走っているはずです。

しかし、現実世界で不倫が危険視されているのは、やはり不倫によって不幸な結末を迎える人が多いからです。

離婚

不倫がもし見つかったとして、誰もが真っ先に思うかべる最悪の事態が「離婚」の二文字です。

現在、日本の離婚率は右肩上がりとなっています。おおよそ3人に1人が離婚経験を持つという現代社会では、不倫の結果離婚をするのは珍しいことでは無くなりました。

離婚率が上昇した主な原因は、女性の社会進出が原因です。以前までは、男性が一家の収入を一手に担っていました。その結果、生活を考えれば不倫程度なら許そうと考える女性が多かったのです。

しかし、女性の社会的地位が上がって来た現在は違います。かつてのように不倫を我慢する女性は少なくなり、不倫のみならず、たった一度の浮気でも離婚する女性が増えてきたのです。

一方、女性の社会進出は女性の不倫率も増やしました。男性はもともと自活力があるばかりでなく、浮気相手の子供を妻が妊娠する可能性を恐れるため、本能的に女性の不倫を許せません。そのせいか、男性は女性よりも不貞行為に対して厳しく、不貞行為が一度でもあれば即離婚という人も珍しくありません。

 

慰謝料

不倫をした結果、多額の慰謝料を支払うことになる人もいます。

慰謝料の相場は不貞行為の程度と結婚年数、そして不倫相手の年収によってけっていします。そのため、一概に全ての人が多額の慰謝料を払うことにはならず、中には数万円程度の慰謝料で終わる人もいます。

しかし、これが高所得者となると話は変わります。慰謝料の支払い額は相手の年収によって大きく変化するため、年収が高くなればなるほど高額の慰謝料を払わなければなりません。

 

また、弁護士を通じて慰謝料の請求が行われるとなれば、相手には不貞行為を立証するだけの証拠があると思って良いでしょう。弁護士は勝算の無い弁護は殆どありません。請求が来たということは、それなりの慰謝料を取れる算段がついていると考えるべきです。

この場合、慰謝料の請求を避けるためにはこちら側も弁護士を立てる必要があるでしょう。相手のつめが甘く、証拠が少ない状況なら、慰謝料の減額、もしくは請求そのものを棄却することが出来るかもしれません。

 

親権を取られる

離婚の際に発生する親権問題は、不貞行為とは法的な関係は無いとされています。

しかし、いざ争いとなると、不貞行為を働いた側が不利になることが殆どです。特に経済力が無い主婦(主夫)が不倫のすえ離婚したとなれば、親権を勝ち取るのは相当困難になるでしょう。

さらに、不貞行為を働いた事実を子供が知っていた場合、その親のもとで一緒に生活したいと考える子供は少ないかもしれません。

 

社会的地位が下がる

不倫に対する世間の目は、以前よりも遥かに厳しくなっています。

この風潮はモラル重視の人々が依然にもまして増えてきているからでしょう。その一方で、浮気率が増え、離婚率も増加しちえるのはなんとも皮肉なものですね。

さらに皮肉なことに、不倫というあくまでプライベートの部分で発生したトラブルが社内の風紀を乱すとして、社内不倫をした人間同士の部署を入れ替えさせたり、左遷や降格となるケースがあります。

 

会社は社員のプライベートに口を挟むべきではありませんが、プライベートなトラブルで会社の空気を乱すことも問題です。こうした風潮は大企業であればあるほど厳しくなりがちです。

ただ、これは自営業者にはあまり関係の無い話です。会社の上層部になれば、色恋沙汰程度で地位が揺らぐことはまずありえません。

結局、この問題は不倫をする人間の力がどれだけ強いかで決まる部分が多きく、下の人間ほど上から圧力を掛けられやすくなります。

 

自分の居場所が無くなる

不倫相手と一緒に新たな生活をはじめる人は珍しくありません。

本気の恋愛をし、家庭をすててまで一緒になるほど熱を入れているからこそ、離婚や慰謝料問題にまでことが発展しやすくなるのです。

しかしながら、非道徳的な恋愛によって結ばれた二人を心の底から祝福出来る人間はいません。また、実家の両親からも見放されてしまうことが多く、結婚式もろくに上げれず、婚姻届けも出せずじまいの人が多いのです。

それでも幸せだというなら、その人とっては最悪の結末とは言えません。しかし、どんな人間でもやがて恋心は冷めるもの。

初めのころはあれほど熱をあげていたはずの不倫相手にも冷めてしまえば、やがて自分が捨ててしまった幸せの大きさに気が付き、過去への後悔に押しつぶされてしまうかもしれません。

 

信用を失う

男性は不倫をしたからといって、同性から信用を失うことは殆どありません。

しかし、女性同士の場合は違います。女性にとって他人の男性を奪い取るような女性は、不倫好きな男性と同じ位に女性の敵なのです。

信用が失っても友人関係を続けることは出来るかもしれません。同じように、不倫に対して許容審のある女性同士なら、その関係もうまくは行くでしょう。しかし、一般的な常識を持つ普通の女性は、不倫に対する許容審を持ち合わせてはいません。良い友達を失い、悪い友達だけが残ったとしたら、それは自らが汚れてしまった証拠ともいえます。

 

一方、男性はどういう訳は、不倫をしている友人がいたとしても気にしない人が多いです。これは、男性がもともとも浮気症なのが大きいですが、不倫をする男性は明るく社交的なタイプが多いからかもしれません。

また、男性は自分自身の汚れを気にはしません。それどころか、不倫程度の非道徳な行動なら「男としての箔がつく」程度に考えている人もいるのです。

また、男性にとって不倫をする男性は特に敵ではありません。異性をだましても、同性は裏切らないのが男性社会というもの。不倫をしているからといって、同性からの信頼が無くなることは無いのです。

 

まとめ

不倫によって受けるダメージが人によって差があります。また、ダメージの差だけではなく、その損害を気にするかどうかにも個人差はあります。

しかし、やはり不倫によって得られる幸せはあまり多くないのでしょう。デメリットが多きすることもありますが、裏切りによって幸せになれるような人間は、そもそも不幸だからです。

それでも不倫が無くならないは、そこに悪魔的な魅力が潜んでいるからでしょう。それに魅入られてしまえば最後、破滅的な結末すら見えなくなり、最悪への道をひた進んでしまいます。