浮気をしたとウソをつく?面倒くさすぎる男女の行動とは?

世の中には、本当に浮気はしていないのに、ウソをつく人もいます。

なぜそんなウソを付く必要があるのか疑問に思う人もおおいでしょう。そこで、今回は浮気をしたとウソをつく人々の心理について迫ってみたいと思います。

彼の気を引きたくて「浮気をした」と言い出す女性

実は、夫婦関係や恋人関係に不満を持つ女性の多くが、浮気をしたと男性にウソをつくことがあります。

浮気をしたと言い出すのは、異性から気を引くためです。

男性は女性が誰かに取られそうだと分かった途端に、奥さんへの強烈な執着心が沸き始めます。それを本能的に知っている女性は、男性に浮気をしたとウソをつくことで、自分へ目を向けてもらおうと考えるのです。

浮気をしたとウソをつく女性は性格に難あり?

浮気をしたとウソついてまで男性の気を引こうと嘘をつく女性は、そもそも男性から好かれる内面とはいえません。

もともとの魅力不足を、嘘でおぎなおうと考えること事体、すでに性格になんらかの問題があるのだと考えるべきかもしれません。

異性に好かれないのは、単に自分の魅力不足。そのあたりをはき違えていると、そのまま男性に愛想を尽かされてしまうかもしれません。

 

嘘をついてまで気を引こうとする姿にトキメク男子も

嘘をついてまで好かれたいと考える女性は、多くの男性からすれば面倒な相手です。

しかし、男性の中にはそこまでして好かれる姿にトキメク男性もいます。

そういう男性相手なら、浮気をしたとウソをつくことも効果的です。嘘は決して良いことではありませんが、相手からの愛情を引き出すためには、時として必要なのです。

 

女性と別れたくて「浮気をしている」と言い出す男性

男性が浮気をしているとウソを付く時は、現在付き合っている女性と別れたいか、もしくは離婚したい場合が多いです。

そこまでして別れるなら、直接自分で話を切り出せば良いものですよね?

しかし、本人の問題以外にも、相手女性の問題も含まれます。

 

もともと女性に飽きやすい男性だった

本来、男性は異性に空きやすい生き物です。

しかし、そのせいでどんなに良い女性でもすぐに飽きてしまう人も珍しくありません。

そんな男性達は女性から別れる時に、できるだけ簡単に、手軽に分かれる方法としえ「自分が徹底的に嫌われる」という方法を選ぶことがあるのです。

こんな行動に出る男性は、かなり身勝手な性格なことが多いです。

自己中心的な発想をするため、人に嫌われても特に気にしない。だからこそ、浮気をしたというウソをついて、とにかく簡単に別れようと考えて付いてしまうのです。

 

女性が男性に依存し過ぎている。

現在付き合っている女性や、奥さんがかなりの依存症だと、男性はとにかく疲れてしまいます。

さらに別れ話を持ち出そうとすれば執拗に追いすがり、自ら死ぬとまで言い出すこともあります。

そんな女性から別れるためには、男性が無理をして嫌われなければならない時もあります。

しかし、徹底的に自分を好きになってしまっている女性と別れるのは大変なこと。そこで、浮気をしたと切り出して別れようとしはじめるのです。

 

さすがに浮気をしたとなれば、別れを切り出されても避けることは出来ません。

しかし、本来ならそんな方法で別れるのは良くありません。

 

浮気が嘘であっても、トラブルは避けられない

浮気が嘘であっても、付いて良い訳ではありません。

嘘をつくという行為だけでも十分にトラブルになるかもしれませんが、重要なのは、浮気というウソをついた理由です。

 

浮気によって気を引くことは危険

浮気をしたと言って嘘をついた場合、嘘をつかれた男性は一気に女性への信用を失う人が殆どです。

男性は女性のウソを許す部分が多いですが、それは自分のパートナー以外の話。

自分のパートナーになった女性には、男性間と同じように信用を求めます。また、さらに男性的な人物となれば、女性に自分への忠誠心を求めるでしょう。

 

そんな男性が、もしも女性が嘘でも「浮気をした」と言い出したら?結局、それが嘘だとわかっても、それ以降女性への信用を手に入れることは出来ません。

 

浮気をしたと嘘をつくと、女性の闘争心に火をつけてしまう

「女性の敵は女性」という言葉はご存知でしょうか?

女性は男性を略奪する同じ女性によって将来を奪われてしまうことから付いた言葉です。

もしも、自分の彼が浮気をしたと言い出したら、当然怒り出す人が殆どです。

しかし、もし女性が同性への闘争本能むき出しの人間なら、浮気をされたと言い出されたら、ライバルである浮気相手の女性に対して闘争心をむき出しにするかもしれません。

そうなると、せっかくついた嘘も台無し。より男性への執着心が進んでしまい、別れることすら出来なくなるかもしれません。

 

浮気のウソが功を奏することは少ない

浮気をしていたと嘘をついても、それが功を奏することは多くはないでしょう。

なぜなら、浮気の事実が判明した時点で、相手は興奮し、さらに事実を掘り起こそうとするからです。

となれば、生半可な嘘では通用しません。嘘の上に嘘を付くような真似をいつまでも続けるわけにはいきません。

嘘をつくということは、どんなものでも大きなリスクを負うことになります。それが浮気の嘘であっても同じことです。

 

本当の気持ちを伝えることが大切

浮気をしたと嘘を付く人は、自分の本心をさらけ出すことが難しい人が多いです。

しかし、世の中は嘘をつくよりも、本当のことを告げたほうが良いことも多いです。

例えば、男性の気を引こうとして浮気の事実をでっちあげるよりも、まずは愛情表現を豊かにすべきでしょう。愛情をしっかりと伝えられれば、必ず浮気をする可能性があります。

また、女性と別れるために浮気をしたと嘘をつく男性は、しっかりと自分の意志を通し、別れる理由を説明しなくてはなりません。

相手を下手に傷つけるより、できるだけ正直に話した方が後々大変な目にはあいません。

 

まとめ

本当に浮気をするよりも、浮気が嘘であったほうが心の傷が少ない人も多いでしょう。

もしもあの浮気が、本当に嘘だったら……そう頭に思い描く人も少なくないはず。

しかし、だからといって嘘をついても良いことはありません。人間は下手に嘘をつくよりも、正直に生きたほうが良いことが多いのです。