浮気調査で起きたトラブル!どうして依頼者は現場にやってくる?

浮気調査の現場では、時折依頼者が現場に現れてしまうことがあります。

しかし、これは調査を行う側かすればかなり困った問題です。そのため、場合によっては現場にいる調査員から本部に連絡が行くこともあります。

では、一体なぜ浮気調査の現場に依頼者は行ってしまうのか。

そして、どうして依頼者は浮気調査の現場に出向いてしまうのか?この問題について詳しく解説させて頂きます。

依頼者が浮気調査の現場に行くとトラブルが起きる?

浮気調査の最中に、その依頼者が現場に行くことは危険です。

なぜなら、以下の理由によって浮気調査を行うことが難しくなってしまうからです。

 

対象者が浮気相手との接触を止めてしまう

依頼者が現場に現れた時、調査員が一番に恐れるのは、対象者が依頼者の姿に気が付いた段階で、浮気相手との接触を止めてしまうことです。

浮気調査の場合、依頼者と対象者の関係は配偶者、もしくは恋愛関係にある異性です。

その相手が近くに居て、自分の姿を見られてしまったら、そのあとはおとなしく家に帰るしかありません。もし、そのまま浮気相手と接触してしまえば、家に帰ったあと「あそこで何をしていたの?」と聞かれてしまうかもしれませんからね。

 

依頼者に浮気調査をされている可能性を恐れる

続いて多いのが、依頼者から直接浮気調査をされている可能性を恐れるケースです。

浮気調査の現場に来る依頼者の大半は、普段とは少し違う雰囲気の恰好をし、口元にはマスクなどをしているケースが多いです。またはマフラーやサングラスなどを使い、傍目から見れば、本人であると気が付かれないよう、かなり手の込んだ変装をしている人もいます。

 

しかし、そうした変装の多くは無駄になることが多いです。

夫婦というのは、相手が簡単な変装をした程度で見間違えることはありません。服を変えたり、サングラスにマスクをした程度では、まず見抜かれてしまうでしょう。

しかしながら、もしも本気で変装を固めたとなれば話は違います。シルエットを大きく変え、顔の輪郭を変えるような変装をすれば、見抜かれない可能性は高まります。

ただ、そこまで本気の変装が出来る人は少ないでしょう。急ごしらえの変装をする程度なら、尾行はしないほうが身のためです。

 

浮気の現場に乗り込もうとされる

依頼者が探偵者に了解も無く、現場に現れると一番困るのが、浮気現場に乗り込まれて困ってしまうことです。

浮気現場に乗り込み、一気に修羅場にされてしまうと大変です。話し合いだけで終わればいいですが、激高した人間が浮気現場に乗り込んだ時、何が起きるのか誰にも予想できません。

 

大けがをしてしまう

浮気の修羅場は生半可なものではありません。お互いに罵声を浴びせあうならまだしも、それが殴り合いになったり、時には凶器を使った傷害事件に発展する恐れもあります。

異性に裏切られたことによる怒りは、おそらく人間が感じる怒りの中でも1、2を争うほどの大きさです。それも、愛している相手ならばなおのことです。

また、浮気の現場にいるのは自分の配偶者だけではなく、そこには浮気相手も存在しています。トラブルになった場合には、危害が及ぶ可能性が高いのは、むしろ浮気相手の方かもしれません。

 

警察沙汰になってしまう

浮気現場に依頼者が乗り込んでしまった場合、様々な理由によって警察が登場してきます。また、警察がやってくるだけでなく、そのまま留置所に居られる人もいるので、絶対に気を付けなくてはなりません。

 

住居不法侵入罪

浮気相手の部屋に乗り込んむことは住居不法侵入罪に当たります。もし警察に通報されれば、まっさきにこの罪によって警察に事情を聴かれることとなるでしょう。

ただ、痴情のもつれが原因の住居不法侵入罪となると、警察もそこまで厳しく追及してこないことが殆どです。相手側も警察に本気で訴えることが少ないので、事情を聴かれて終わることが多いでしょう。

 

器物破損

浮気の現実を突きつけられ、頭に血が上った人は、相手の部屋のドアを破壊したり、室内にあるものを手当たり次第に壊すこともあります。さらに酷くなると、窓ガラスを割ったり、駐車場にあった浮気相手の車を破壊しようと試みる人までいます。

器物破損はかなり重い罪です。それも悪意を持って行ったとなれば刑は重く、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料にされる恐れもあります。

ほかにも、破壊された器物にたいする賠償請求を求める訴訟を起こされる可能性もあります。怒りにまかせて行動をすると、そのあと大きなしっぺ返しをもらうかもしれません。

 

傷害罪

浮気の修羅場で最も気を付けなければならないのは、激高した依頼者が相手に暴力をふるってしまうことです。

暴力を振るう可能性があるのは男性が圧倒的に高いものの、その結果大きな傷を負わせるのは女性であることが多いです。

男性が暴力をふるうときは、凶器を準備したり、室内の道具をつかうことは殆どありません。素手で相手に襲い掛かるため、よほどのことが無ければ深手を負うことは無いのです。

一方、女性の場合は非力故に、はじめからナイフや包丁を準備していたり、室内にあった凶器になりそうなものをとっさに使ってしまう傾向にあります。その結果、相手に重症を負わせてしまい、かなり重い罪に問われることもあります。

 

依頼者が現場に来ると良いことは少ない?

元探偵としての経験を踏まえてみると、依頼者が現場にやってくると、必ずと言って良いほどトラブルが増えていました。

なかでも勝手に浮気現場に乗り込まれると大事になってしまうので、探偵が体を張って依頼者を止めなくてはならないのが辛い所です。

しかし、事前に探偵社に同行の許可を取ってもらい、トラブルなどを起こさない誓約書などを書いてもらえれば問題は少なくなります。

最近は依頼者同伴で調査を行う探偵社も増えているので、もしどうしても浮気調査の現場を見たければ、そうしたサービスを行っている探偵社に連絡をしてみましょう。

ただし、現場で問題を起こすのは絶対にNGです。調査が失敗したり、事件を起こして困るのは探偵社ではなく依頼者である貴方なのですから。