浮気は女性ばかりが責められる?責任の男女比について

浮気問題が発生した場合、浮気加害者が男性か女性かによって、その行為を非難される度合いが変わることをご存じでしたでしょうか?

世間一般では男性の浮気よりも女性の浮気の方が非難の割合が高いとされており、浮気問題に直接接していなくとも、芸能ニュースなどをご覧の方は浮気問題に男女差があることを良くご存じかと思います。

しかし、男性の浮気は許されて、女性の浮気が許されないとなれば、女性の方々としては納得できないはず。

そこで、今回は女性の浮気が男性よりも責められてしまう仕組みを紐解いて行こうと思います。

浮気は結局加害者が悪い?

浮気問題とは夫婦やカップルの問題である以上、当然浮気をされた側にも何らかの責任があると考えるべきです。

しかし、浮気問題の責任を加害者と被害者に等分してしまうのは危険です。

もしも責任が同等となれば、浮気をしても両成敗となるので被害者の心情は穏やかではありません。反対に加害者側は、自分だけの問題ではないと考えてしまい、責任感に欠けてしまいます。

である以上、浮気問題は必ず被害者よりも加害者に避難が集まらなければなりません。でなければ、その後の夫婦関係の修復はおろか、離婚率が増加し、一夫一妻制度そのものが意味を成さなくなるでしょう。

しかし、その比率は女性が加害者になった場合は、あまりにも女性にばかり偏りすぎるようになっているため、女性が浮気をした場合の離婚率は、男性が浮気した場合よりも遥かに高いのです。

男性は女性の浮気を簡単に許さない

女性が浮気をした場合、男性はその浮気を許すことが難しいです。

本当は許してあげたいと考えている男性は多いのですが、それでも本能がそれを許しません。

また、女性が浮気をした場合に男性が感じる感覚は女性とは大きく違います。

女性の場合、男性の浮気によって不安感を感じるのに対して、男性は「危機感」ともいうべき、激しい恐怖心を感じ、それが表面上「怒り」として現れているに過ぎません。

女性の浮気に対して男性が恐怖心を感じるのは、女性が別の男性の子供を妊娠してしまう可能性があるからです。もし妊娠した場合は、男性は自分の遺伝子を残せませんから、浮気を簡単に認めることは難しいのです。

だからこそ、男性は女性の浮気に対して強い恐怖心=嫌悪感を頂き、女性の浮気に対して強い非難を見せますが、実際は男性と同じほど、同性であるはずの女性も、同じ女性の浮気に対して強い非難を見せるのです。

最も強いのは女性からの避難?

女性の浮気が強い非難を受ける最大の原因は、実は同性である女性からの避難が圧倒的に多いからです。

男性は浮気をする生き物という意見は様々な所で聞かれますが、女性も男性と同じ様に浮気をします。

しかし、女性が同性の浮気話に対して強い嫌悪感を見せることが多いのに対して、男性は同姓の浮気話に対してそれほど強い嫌悪感を見せません。

それでは、なぜ女性は同姓の浮気に対して嫌悪感を持つのでしょうか?

同性の浮気を擁護できない女性

芸能人の浮気問題などを見ても分かると思いますが、女性タレントが浮気問題を起こした時に、その養護に回る人間は殆ど男性タレント達です。

一方、女性タレントが養護に回ることは殆はありません。

また、インターネット上の反応を見ても明らかです。

女性タレントが浮気問題を起こした時、その批判側に回るのは女性が殆どです。養護したとしても「女性の浮気が許されないのはおかしい」という意見のみで、個人の養護には回りません。一方。男性も避難に回ることがありますが、声を大にすることはありません。そして、結局「浮気はするもの」とやり過ごす人間が目立のです。

女性は同姓の浮気を危険視する?

女性が同性の浮気を許せない最大の原因は、女性自身の高い倫理観にあります。

男性は、別の異性と関係を持てれば持てるほど、女性の本能からすれば「優れた遺伝子を持っている男性」として判断します。これは、女性が男性に求めているのが、アグレッシブさであることに由来します。

一方、女性は浮気をすればするほどに、男性からは「価値が無い」と思われてしまいます。これは前述のとおり別の男性の子供を妊娠する可能性があるからですが、浮気性の女性を男性は「頼りにならない」と感じているのが実際の所だと思います。

つまり、女性は異性に気に入られるためには、男性からの信頼を得なければならず、そのために性欲は男性より低く抑えられ、浮気に対する高い倫理観も備えるようになりました。

しかしその結果、女性は同じ同性が浮気をすることに対しても危機感を持ち、より受動的に異性にアピールすることこそ正しいと思うようになったのです。

異性に媚びを売る同性も危険視する

強い倫理観や性欲を低く抑えられた女性はアグレッシブに男性にアピールすることが出来なくなりました。

その結果、複数の異性にアグレッシブにアピールするような異性に対しても危機感を持ちはじめました。

基本的に「受け」の姿勢しか許されない本能を備えてしまった女性同士の間では、そうした行為を「抜け駆け」や「反則」として捉える風潮が根付いてしまったのです。

女性の浮気も男性と同等の責められ方になるべき?

自分のパートナーに対する浮気に対しては許さない男性ですが、そうでなければ異性の浮気に寛容なのも特徴です。

では、これと同じように女性も自分のパートナーの浮気に対しては厳しい姿勢を見せ、なおかつ他の異性の浮気に対しては寛容になるべきなのでしょうか?

それとも、男性も女性も浮気に対して寛容になり、ほどほどに責めるべきなのか?

この問題は大変難しいものであり、そう簡単に結論は出せません。

ただ、もし一夫一妻制度を維持し、男性も女性も生涯一人の相手を愛し続けるという「理想」を追うのであれば、やはり浮気は男性も女性も簡単に許してはならないでしょう。

また、浮気に対して強い倫理観を持っている女性は、浮ついている男性よりも遥かに立派だと私は考えます。

女性全体の浮気率が上昇し、いずれ男性と同等か、それを超えることがあったとしても、幸せな家庭を願うのなら、愚かな男性の真似などせず、ぜひとも強い倫理観を持ち続けてもらいたいと考えます。