浮気をする前に離婚するべき?

浮気調査を依頼される方の中には、時々この様な意見をおっしゃられる方が居ます。

「浮気をするぐらいなら、さっさと別れて欲しかった」と

確かに、こう思うのも無理はありません。

浮気をされて傷つけられるぐらいなら、先に別れを切り出してもらってから、後で交際してもらった方がましですよね。

しかしながら、夫婦の場合にはそう上手くはいかず、結果的にずぶずぶと不倫関係に沈んでいく人間が大半なのです。

その結果、探偵の出番となり、私たちによって尾行され、監視され、証拠を取られて離婚。親権も取られ、慰謝料請求までされる様な人たちを見ると、なんだかたまに可哀そうに思えてしまう日もあります。

それでは、いったいなぜ人は先に離婚をしてから別の人と結婚することが出来ないのか?

今回は既婚者の不倫におけるジレンマについて解説していきたいと思います。

 

浮気をしてしまったら離婚が出来ない?

現在の日本の法律では、離婚には夫婦の合意が必要となります。

よって、基本的にはどちらか一方の勝手な言い分によって離婚することは出来ないのですが、以下の理由さえそろえば離婚請求が行えるようになっています。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 配偶者が強度の精神病にかかり,回復の見込みがないこと
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由(性格の不一致・虐待など)

この中で、浮気を理由に離婚する場合は不貞行為の有無が争点となりますが、これはもちろん相手側が不貞行為を行った場合に請求できるので、こちらが不貞行為を働いた場合には、離婚請求を行う事ができません。

つまり、浮気や不倫をしてしまったら最後、離婚請求の権利は相手方に移ってしまうので、いくら浮気相手の事を本気で好きになったとしても、簡単には離婚ができなくなってしまうのです。

しかし、不貞行為は配偶者以外の異性との複数回の性行為を示す言葉なので、もしも性行為に至っていない段階なら、不貞行為とは認めらません。

また、たとえ此方に非があったとしても、以下のような事情があれば離婚することが可能となります。

  • 夫婦関係が破綻しており、別居期間が長い場合。
  • 子供がすでに成人しており、親の援助を必要としていない
  • 離婚後の配偶者の生活に支障をきたさない
  • 反社会的な理由によって離婚する訳ではない

このとき、浮気や不倫といった行為は一般的には「反社会的」と見做される可能性が高いので、そう簡単には離婚請求は通りにくいです。

しかし、すでに夫婦生活が明らかに破綻しているならば離婚請求も通りやすくなります。

 

不貞行為前に離婚請求をするとどうなる?

もしも配偶者意外の人間を本気に好きになってしまった場合、不貞行為を行う前に離婚請求をしても、以下の理由により、配偶者が離婚を認めないでしょう。

 

精神的浮気としての避難

日本の法律では、浮気は性行為あってのものであり、デートをしたり、手をつないだりする行為は決して不倫とは言い難いです。

しかし、配偶者にとって、それは浮気も同然。当然のごとく、貴方は避難を浴びるでしょう。その結果、もしも貴方が逆上して相手の事をののしれば、それこそ火に油を注ぐようなものです。

 

離婚自由に該当しにくい

もしも配偶者にまった非が無い状態であれば、いくら他人を好きになってしまったからといって離婚は認められません。

そもそも、婚姻をする夫婦はお互いに貞操義務を持っています。

それは、婚姻そのものが離婚を前提としたものではなく、将来を共に過ごす事を約束する契約だからです。この契約を破るのが離婚であるため、法律上、だれかを好きになれば離婚して良しとする事など絶対に出来ません。

しかしながら、人によってはどうしようも無い理由で他人を好きになってしまう人も居ますし、そんな自分が結婚に向いていない事にまったく気が付かず結婚と離婚を繰り返す人も居ます。

 

周囲に誰も理解を得られない

正式なパートナーが居るにも関わらず、そこに魅力的な異性が現れたからといって乗り換えるような行動は、決して周囲の理解を得れるものではありません。

それを踏まえた上で、どうしても相手の事が好きになってしまう人は、やはり同情するしか他にありません。その様な感情を周囲の人間が理解してくれれば良いのですが、あまりに身勝手なその行為は、よほど他人からの信頼を得られている人間でない限り理解を得ることは難しいでしょう。それは友人や知人のみならず、自分の親、そして子供にも決して理解されることはありません。

 

その他の離婚事由を使って離婚する

他人を好きになったからと言って、無傷のまま離婚をすることは出来ませんが、ある程度のリスクを覚悟すれば、離婚そのものは可能です。

例えば、離婚事由には様々な種類のものがあります。性格の不一致や夫婦の義務を放棄するなどは、不貞行為とは関係の無い分野で離婚ができる例の一つです。

そして、そもそも他人の事が好きで溜まらなくなってしまった以上、たとえ不貞行為が一切なくとも、夫婦生活にはなんらかの破綻が生じているはずですから、破綻を理由に離婚する事も可能です。

 

人に恨まれる覚悟

ただ、結局は浮気心によって離婚する以上、どんな理由で離婚したとしても、相手方やその両親、そして自分の子供から恨みを買うことは避けられません。

また、周囲の人間からの避難も当然あるでしょう。その点は、おそらく周囲の人間からの避難を避けるために事実を隠そうとする人が大半ですが、いずれ誰かの口から洩れてる事実。ただ、あなたに対して言わないだけで、裏では何を言われているかは想像に難くありません。

結局の所、結婚をした後に、別の人間を好きになったという理由で離婚をするのであれば、社会的信用を失う覚悟は絶対に必要です。誤った行為なのは間違いありませんから、その覚悟だけは絶対にした方が良いでしょう。

そして、自分の行動の身勝手さや、周囲の人間を裏切ること、そして、貴方を愛する人を傷つけることを恐れて浮気や不倫に走っても、それもいずれはバレます。幾ら上手く隠しても、探偵を雇われれば最後、ウソは必ず白日の元に晒されます。

だからこそ、無傷で離婚しようとだけは絶対に思ってはいけません。リスクは承知の上で、必ず配偶者に対して本心を伝え、結婚生活が送れない事実を告げるようにしてください。