実録浮気調査:彼氏に撮影されたセックス動画がネットで流出!リベンジポルノの出どころを探せ

恋愛中の彼女と別れたのち、付き合っている最中に撮影した性行為の映像をネット上に流出させる通称『リベンジポルノ』が社会問題となったせいで、同様の行為を禁止するリベンジポルノ法案が可決。

この決定を受けて、インターネット上にでは様々な個人撮影の映像が削除され、ついには逮捕者までも出す事態となっています。

しかし、この様なリベンジポルノが出回って被害をこうむるのは当事者だけではなく、その配偶者である場合もあるのです。

インターネット上で見つけた夫の痴態

今回の相談者は北海道に住む会社員の女性(40歳:既婚者)

じつはこの女性、浮気の相談として探偵社に電話をかけてきたものの、実際に面談を行って詳しい事情を聴いてみると、次の様な事実から夫の浮気が判明したのだと言うのです。

 

相談内容

今回の依頼者は夫の浮気を疑った原因は、インターネット上に流出していたあるポルノ映像からでした。

その映像の存在を知ったのはまったくの偶然で、実をいうと以前から浮気を疑っていた依頼者が夫のパソコンの履歴を調べた所、ある特定のサイトに頻繁にアクセスしている事がわかりました。

そのサイトは日本でも大手のアダルト動画投稿サイトで、そのサイトで夫は素人の撮影と思わしきポルノ動画を幾つも閲覧していました。

しかし、頻繁にみている動画を見てみると、動画の中で撮影者の声が夫とそっくりな事に気が付いて唖然。まさかと思い、その後こっそりと一人で何度も動画を確認してみたものの、やはり何度聞いてもその声は夫と同じでした。

また、時折見える男性の体や局部もやはり夫とうり二つ。

これはもしかしたらと思い、パソコンの中を調べてみると、暗唱ロックのかかったZIPファイルがいくつか見つかりました。

データの容量からみても、その中身が動画ファイルである疑いが濃厚であり、このファイルの中身に関する調査も含めて探偵社に事実の確認を依頼したのです。

 

依頼内容

今回の依頼内容は多少複雑なため、ポイントごとに詳しく説明させて頂きます。

 

ファイルの中身の確認

依頼者のパソコンの中にあったZIPファイルの中身についての確認を依頼されました。

ただ、ZIPファイルに使われている暗号化キーのセキュリティ性能は相当高く、その堅牢性はアメリカ国防総省が情報の保管に使用する程。ウェブサイト上の簡易的なssl認証を解除するのとは訳が違うのです。

そのため、基本的な手法としては全ての文字を総当たりで検索(ブルートフォートレスアタック)が必要であり、そのためには最悪1週間以上の期間が必要となります。

 

インターネット上に上がった動画を証拠として保存

リベンジポルノ禁止法前の出来事であったため、こうしたポルノは当たり前の様にインターネット上に上がっていました。

また、対象者が動画をアップロードしたサイトは複数あったため、どの動画がどこにアップロードされていたのかを証拠として保存し、浮気の証拠として集めなければなりません。

 

浮気の確認

例え性行為の映像証拠があったとしても、そこに対象者の顔が映っていなければ証拠として使うのは大変難しいです。

そこで、今回の調査では尾行、張り込みで行う行動調査も同時に行い、確実に浮気の証拠を手に入れる事となったのです。

 

調査開始

まず初めに行われたのは対象者の尾行でした。

調査機関は三日間に設定し、投入した調査員は2名という基本的な構成です。

その調査の結果、最後の1日で浮気相手との接触を確認。

しかし、その女性は今まで動画サイトにアップロードされたどの女性とも異なっており、対象者が新たに捕まえた浮気相手である可能性が疑われました。

浮気相手との接触を確認した後は、問題のZIPファイルの中身の確認です。

依頼者の立ち合いの元、対象者のパソコンから入手したZIPファイルに専用のソフトを使用して解除を試みて3日語、ようやくロックが解除されました。

その中身はというと、やはりインターネット上に上げられていた動画の元データで、その中には動画サイトでは確認していない新なポルノ動画も発見されたのです。

 

調査結果

この調査の結果、やはり夫は複数の女性と浮気を繰り返し、そこで得られたポルノ動画をインターネット上にアップロードし続けていました。

その目的については後日依頼者の口から聞かされましたが、どうやら自分の性行為を見せて騒がれる事がクセになってしまったのだとか。

さらに、一部の映像を専門のサイトに売りつけて収入を得ていた事も認めたといいます。

この話を聞いた依頼者はもちろん即決で離婚を決意。

ついでに夫を刑事告訴し、女性の敵として糾弾しようとしたそうです。

リベンジポルノ法案が可決された現在も、いまだにインターネット上には様々な個人撮影と思われるポルノがアップロードされ続けていますが、このような悪質な方法はやはり許されるものではありませんので、被害にあった場合は早めに警察に相談しましょう。

また、夫のスマートフォンやパソコンから不倫相手とポルノ動画が見つかったら、それは確実に不倫の証拠となるので、まずはプロである探偵社に相談して、どのような行動をとったら良いのか尋ねてみましょう。