逃げ出したい!不倫をされたらまずは別居すべき?

不倫をされていると気が付いたら、夫婦生活を送れなくなる人が多いです。

当然、信頼関係を裏切った人間と同じ屋根のもと生活することは誰だって難しいです。

だからといって、そのまま別居して良いものかと迷う人も多いでしょう。

そのまま離婚するつもりにしても、関係を修復するつもりでも、不倫をしている夫を家で一人にしておくのは不安だからです。

また、離婚やそのごの慰謝料問題でも、いきなり別居をすることはデメリットが大きいと言われています。そこで、まずは不倫の事実を掴んだあとに別居するぜひについて今回は詳しくご紹介させて頂きます。

不倫の証拠をしっかりつかんでいるか確認

 

不倫の事実が判明したからこそ、一緒の生活には絶えられなくなるもの。

しかし、事実を掴んだといっても、証拠の集め方が不十分なまま別居をすると、その後の慰謝料問題が自分にとって不利になるかもしれません

 

別居後の不倫と判断されてしまうケース

不倫とは、民法において夫婦の離婚事由の一つである「不貞行為」として扱われます。

不貞行為については過去の判例をもとに定義をされるため、法律上の細かい条件はありません。

ですが、過去の判例を紐解くと、明らかに別居前の不倫であったとしても、その不倫が別居後に始まったと相手側が主張し、慰謝料請求に至らなかったケースがあるのです。

不貞行為に対して慰謝料請求を行うということは、夫婦生活の破綻における損害を賠償する意味が含まれています。

つまり、離婚をしないのであれば、配偶者に対する慰謝料請求は比較的少額に収まるか、もしくは慰謝料の請求が認められない場合が多いのです。

 

別居とは事実上の婚姻関係の破綻

 

別居とは、一定の期間が経過すると事実上の夫婦関係の破綻とみなされます。

過去の判例では、別居後に別の異性と交際をした場合には不貞行為として認められず、配偶者にも、その浮気相手にも慰謝料請求が認められなかった判決も出ています。

裁判というのは、過去の判例をもとに行われるものです。

特別状況が変わるか、裁判官の心象が大きく変化するようなことが無ければ、別居後に出会った相手と浮気をしても、不貞行為とは認められないでしょう。

 

別居前に不貞行為をしていた証拠を掴む

 

別居をする前に不貞行為の証拠をしっかり掴んでおかないと、後の慰謝料請求が失敗するかもしれません。

とくに慰謝料請求の額が高額となるケース(結婚年数が長く、資産が多い)場合には、慰謝料よりも高額な財産分与が大きく影響してくるので、証拠不十分のままみすみす別居にふみきらないでください。

 

本人の自白は書面か録音で

相手を問い詰めた時に不倫を自白したら、必ず書面に残すようにしましょう。

書面が無理なら、音声で証言を録音することで、あとで重要な証拠となります。

自白というのはどんな証拠よりも強力です。

そのため、もし裁判となったら相手は「自白を強要された」と必死にの抵抗をしてきます。

そんな反撃をかわすためにも、書面にはかならず本人の印鑑と直筆の署名をつけさせ、録音は長めにとり、証言の前後の会話も入れておくのが効果的です。

 

浮気相手の情報を抑える

慰謝料請求をするまえに、不倫相手の素性を知っておかなければ、請求そのものが難しくなります。

もしも別居したあと、配偶者が浮気相手との接触を断ってしまえば、その後調べても、不倫相手が誰だったのか分からなくなるかもしれません。

浮気相手の情報は本人から直接聞き出しましょう。

最低でも電話番号と名前を抑えておけば、あとで弁護士を使って探すことが可能です。

本人がどうしても浮気相手の詳細について話したがらないようなら、あとは探偵を使って不倫相手の住所を抑えるしかないでしょう。

 

証拠を掴むまで泳がせる

高額の慰謝料請求を行うつもりなら、別居をする間の間、配偶者を泳がせ続けるほうが良いでしょう。

そのほうが、不倫相手との接触回数も増え、慰謝料請求のために必要な証拠を大量にあつめることができます。

慰謝料の額が低いならお勧めはしませんが、高額請求が予想されるなら、やはり探偵を雇い、不貞行為の証拠を徹底的にあつめたほうが良いです。

高額請求の慰謝料請求は、相手方も必死に抵抗してきます。

お金が絡めば、元夫婦といえど骨肉の争いに発展するのが世の常。

ただ、慰謝料請求のまえにしっかりと下ごしらえをして挑めば、相手とさほど争うことなく請求を完了させることが可能です。

 

弁護士との相談のうえ探偵に依頼

別居をする前に、一度弁護士に相談することをお勧めします。

慰謝料請求というのは基本的には弁護士の仕事です。

行政書士に相談しても良いですが、行政書士は書面の作成が仕事であり、争いが増える高額請求になるとあまりメリットはありません。

一方、弁護士なら示談交渉から裁判まで対応してくれます。

こうしたドロドロした男女問題のトラブルはお手の物ですから、まずは信頼できる弁護士に相談してくさい。

その上で、慰謝料請求のための証拠が足りないようなら、弁護士の紹介のもと探偵に依頼するのが良いでしょう。

どんな弁護士事務所でも、使っている探偵事務所が一つはあるものです。

また、弁護士から紹介された探偵事務所なら、相談内容などを直接引き継いでくれる可能性も高いです。

 

証拠が固まったら、別居、そして離婚手続きから慰謝料請求まで

 

不貞行為の証拠がしっかりと固まったら、そこではじめて別居に移り、離婚請求や慰謝料請求を行いましょう。

ただ、別居したあとも探偵を利用するこで、慰謝料をさらに高額にすることも可能になります。

 

別居後の不倫の証拠

別居後も不倫相手と交際を続けていたとなると、離婚請求が通る確率はかなり高くなります。

また、奥さんが家を出ているにも関わらず、旦那さんは関係修復を行わず不貞行為を働いたわけですから、慰謝料の請求額も高まります。

 

別居後に不倫相手を家に引き入れていたら

 

別居後、夫が家に不倫相手を引き入れているような場面の証拠を押さえることが出来たら、慰謝料の請求額も上がりやすくなります。

別居後といはいえ、自他はまだ奥さんの所有物でもあります。

その家に不倫相手を招き込んでいたとなれば、精神的損害はより大きいとみなされ、慰謝料はより奥さんに有利に傾くでしょう。

 

まとめ

不倫問題が発生したら、すぐに別居はせず、証拠を着実に抑えていきましょう。もし証拠が集めきれなければ、別居をすこし先送りにし、相手を泳がせながら弁護士や探偵に相談して今後の対策を練ってください。