なぜしてしまうのか?不倫をするのは何のため?

不倫をした結果、後悔する人は多いのは周知の事実。しかし、いったいなぜ彼や彼女たちが不倫をするのか、理解できない人も多いでしょう。

しかし、もしも貴方が不倫経験者なら、その理由にはうすうす気が付いているはず。ただ、その理由があまりにも非道徳的なせいで、自分自身でも認めなくないものが多いかもしれません。

そこで、今回は不倫の目的について詳しく解説させて頂きます。

倦怠感から逃れるため

不倫をする人の大半は、退屈な日常から逃れるために不倫をしているのではないでしょうか?

過去に不倫案件で出会ったAさんも、そんな女性の一人でした。

Aさんは裕福とはいえないまでも、いたってごく普通の家庭の主婦で、お子さんは2人。時折パートーをするような、日本ではありふれた女性の一人でした。

そんなごく普通の主婦がなぜ不倫をしたのか?訪ねてみると、Aさんは小さな声で「退屈だったんです」と答えたのです。

 

人は刺激なしでは耐えられない

人間は平和を求めていても、刺激無くては生きていくことは難しいです。それも適度な刺激なら良いですが、人によっては、非現実的ともいえるような強烈な刺激を求めている人もいます。

その刺激が、Aさんにとっては不倫願望という形で発露しましたが、これは何もAさんに限ったことではなく、世界中のすべての女性に起こり得る問題でもあります。

また、女性だけではなく、男性も刺激を求めて不倫をしています。ただし、男性の場合は不倫に限らず、その他のより危険で刺激的なことに手を出すという選択肢もあるため、一概に刺激だけで不倫をするとは考えにくいです。

 

不倫の快楽は大きい

不倫によって得られる快楽は、通常の恋愛よりもはるかに大きいといわれます。なぜなら、不倫は一般的に「してはならない」と言われていることだからです。

「カリギュラ効果」と言われる心理現象をご存知でしょうか?これは、アメリカで公開されたあるホラー映画があまりにも恐ろしすぎたせいで、公開が禁止されるという出来事が起こりました。

 

しかし、公開が禁じられていた映画が一部の映画館でゲリラ上映されるや否や、驚くほどのヒットを記録したのです。これは、人は禁止されているものほど興味関心を抱く特性があるためであり、この映画の名前から「カリギュラ効果」と名付けられました。

カリギュラ効果は不倫にも当てはめることが出来ます。誰かを傷つけてしまう、社会から批判されるという恐怖が、より強い快楽となり、脳内に大量の快楽物質を生み出します。

そのせいか、一度不倫の快楽を味わった人は、その快楽の強さからなかなか不倫から抜け出せなくなってしまうのです。

 

家庭円満のため

なぜ不倫をするのか問われた時、時折「家庭円満のため」という発言をする人に出会います。

かつて私が知り合ったBさんという男性も、不倫をする理由を「家庭円満のため」と笑って話していました。

こんな発言は、多くの人はただの言い訳だと考えるでしょう。事実、不倫がもし発覚すれば家庭円満はおろか、一気に家庭崩壊に進んでいく可能性が大きいです。

ですが、事実不倫には家庭を円満に運ぶ効果があるとも言われているのです。

 

ストレス発散

家庭内でトラブルを生んでしまうトラブルの多くは、お互いに強いストレスを感じてしまうからです。例えば、旦那さんが家事をやってくれない、奥さんが子供を大切にしないといったお互いの不満からはじまり、些細な意見の違いなどが多くのストレスを生み出していきます。

そのストレスを感じずにいられたのは、恋愛初期の頃だけ、結婚をすれば、恋愛による魔法がとけ、どうやっても相手からストレスを感じずにはいられなくなります。

しかし、奥さんとは別の女性により、もう一度恋愛による魔法がかかれば、ストレスを感じることが少なくなります。そのせいか、Bさんは不倫の事実を上手く隠し続けながら、奥さんや子供とも非常に円滑なコミュニケーションをとり続けていたのです。

 

奥さんやお子さんをより愛することが出来る

奥さんやお子さんを愛しているなら不倫をしないのは確かです。

しかし、もともと奥さんやお子さんへの愛情が薄いという男性も珍しくありません。そんな男性たちが不倫をするのは当たり前なのですが、その結果奥さんやお子さんを今まで以上に愛することが出来る人も多いのです。

 

別の女性に対する恋愛感情が、なぜ自分の奥さんやお子さんにまで及ぶのか?その現象はいまだ科学的には解明されてはいません。

しかし、恋愛中の人間の脳には大量のドーパミン(快楽物質)が出ています。その分泌は、たとえ不倫相手と別れたあともで継続します。

つまり、不倫相手によって分泌されたドーパミンが、奥さんやお子さんへの愛情にも使うことが可能なのかもしれません。この感覚は、一度に多くの女性を愛することが可能な男性のみに出来ることかもしれません。

 

不倫による幸せの代償

不倫によって夫婦が円満になったり、奥さんをより愛することが出来るようになったとしても、その効果はいわばドーピングのようなものです。

事実、不倫による幸福は脳内に分泌されるドーパミンの力を借りているだけのことであり、実際に夫婦生活で発生する問題を解決しているわけではありません。

また、ドーピングとおなじく、発覚したあとには大きな厳罰を受けることになります。

 

夫婦円満のはずが離婚

不倫によって夫婦生活のストレスを消し去ったとしても、その嘘がバレればかならず離婚問題に発展します。だからといって、不倫相手と一緒になれることも無く、結局は不幸のただなかに身を置くことになるでしょう。

 

偽りの幸福

不倫によって得られた幸せは、結局は偽りの幸せでしかありません。また、生涯嘘をつきとおすことは難しいでしょう。もしも貴方が嘘を突き通せていたとしても、そこにはもしかしたら家族があなたの不倫を見て見ぬふりをし、結局はあなたも騙されているだけかもしれません。

 

夫婦は正直であるべき

夫婦の間にウソはつきものです。ただ、それがお金や対人関係などならまだしも、不倫は決定的な夫婦間の破壊をもたらすウソとなります。

結局、夫婦というのは愛情よりも信頼関係でなりたっているものです。お互いの信頼関係が崩れたと感じたら、誰でも相手から離れていってしまいます。家庭のために不倫をするなら、夫婦の間の問題をおたがいに話し合い、寄り添いあって解決していきましょう。