エリート女性に不倫が多い理由は、恋愛経験の少なさ?

探偵として浮気調査をしていると、かなりの確率で男性の不倫相手がエリート女性ということがあります。

エリート女性といっても、有名企業でバリバリ働くような野心的なタイプではありません。

どちらかといえば、学術関係や公務員といったお堅い仕事の女性が多く、なぜか彼女達は不倫にはまっています。

  この様に、固い職業についている女性がなぜ不倫にはまってしまうのか?普通なら、もうすこしラフな女性のほうが、不倫相手としては相応しいように思いますよね?ところが、なぜか不倫問題においては、真面目な女性が不倫相手となる確率が高いです。

そこで、今回はこの問題について詳しくご説明させて頂くと共に、エリート女性たちが不倫をしてしまう理由について探偵目線で考えてみました。

 

不倫エリート女性たちの特徴

独身エリート女性がなぜ不倫に走ってしまうのか?普通なら、こうした女性ほど通常の倫理観を持ち合わせており、不倫には興味を持たないと考えられます。

そこで、まずは私が見てきた不倫エリート女性たちの特徴について記させて頂きます。

学歴が高い

不倫をしやすいエリート女性の特徴は、こぞって高学歴という点です。大学はもちろんですが、かなりの確率で大学院を出ています。

これは、真面目な性格がそうさせていることも影響は大きいですが、彼女達に最も大きな影響を与えているのは、両親の影響だと思われます。

家柄も硬い

不倫をしていたエリート女性の家柄について調べた事がありましたが、その結果は平均か必ずそれ以上です。

ただ、資産家というケースは殆どみられません。両親も硬い仕事についるケースが多く、事業家というケースは見たことがありません。

こうした家庭で育った女性というのは、両親の期待などに応えようと必死だったと考えられます。

硬い職業で働く両親というのは、完全な社会のヒエラルギーの中。

つまり、学歴至上主義の世界です。


学歴こそがものをいう世界で生きている親だけに、子供にはとにかく学歴こそが全てであること。勉強をして、ヒエラルギーの中で良い位置を掴むことを望むでしょう。

このプレッシャーというのは、女性たちにとっては相当なものです。

その結果、性格的な問題を抱えやすくなりますし、勉強以外のことで学べる人間性、そして道徳心などは置き去りにされることが多いです。

恋愛経験の少なさ

不倫にはまるエリート女性の特徴は、恋愛経験が少ないこと、そして異性に対して強い依存体質をもっている点でしょう。

エリート女性たち中でも、社会に出てバリバリ働くような肉食系女性の場合、社会経験によって多くの恋愛を経験していきます。

自分から攻めるアグレッシブなタイプが多く、不倫を経験したとしても、はまることは殆どありません。

それがいかに無益なことか、そして世の中にはもっと多くの男性がいることも経験で知れるからです。

しかし、真面目すぎるエリート女性は違います。真面目すぎるがゆえに、勉強や仕事には必死に取り組んできましたが、その結果、恋愛にはさほど積極的では無かったでしょう。

また、恋愛で成功した経験も少なく、自尊心が低いことも多いです。

その結果、彼女達は異性に対する執着は強くなっていきます。恋愛経験の無さゆえに、他にも男性がいることを考えることは出来ません。

  もしも好きになった相手が既婚者だとしても、その相手から離れればチャンスはないと思うでしょう。また、前述の通り、多くの失敗を経て学ぶべき、必要なはずの恋愛における道徳心や倫理観も失っているケースが多く、不倫にも抵抗を覚えないかもしれません。

 

ヒエラルギーに弱い女性が多い

真面目なエリート女性というのは、上司の男性に言い寄られると不倫関係に陥りやすく、なおかつ惚れやすい体質を持っています。

縦社会に慣れ親しみ過ぎた

完璧な縦社会で生きている女性というのは、自分の上司などに強烈な魅力を覚えるものです。

特に、学歴至上主義のような世界では、上下関係は強烈なほどに分断されています。

公務員の世界は特にその傾向が顕著であり、人間の価値そのものがヒエラルギーの中の位置で決定されがちです。

幼い頃から真面目で、勉強に励んできた女性というのは、こうした社会にあまりにも馴染み過ぎています。

その結果、自分より上の立場の男性、つまり上司などに対して感じる魅力があまりにも大きく感じてしまうでしょう。

元々、女性というのは強い男性を好む生き物です。

この考えはとても動物的でしょうが、まるで正反対だと思われがちな学歴至上主義の場所であるほど、じつはこの原理が恐ろしいほど働くようになります。

閉鎖的なインテリジェンスの世界は、裏を返せば世の中でもっとも野性に近いシステムを備えているのです。

競争社会に生きる女性ゆえのプライドの高さ

真面目なエリート女性というのは、それほど才能あふれた人ではありません。

むしろ、努力を頼りに生きてきたタイプの女性が多く、回りに負けまいと必死に勉強をしてきたはずです。

こうした努力家の女性が不倫をすると、まず間違いなく不倫相手の奥さんに強烈な嫉妬心を抱きます。

そして、その負けず嫌いがこんな時にでも働いてしまい、奥さんから男性を奪いとろうとあらゆる策を講じてくるでしょう。

プライドの高い女性ほど不倫にはまるのは、その負けず嫌いな性格が最大の原因です。

反対に、プライドが低い女性はやはり冷静で、不倫が無益なものであることに早々に気が付き、自ら身を低くことが多いです。

まとめ

  真面目なエリート女性というのは、恋愛経験の無さ、学歴至上主義の世界に慣れ親しみすぎたこと、そしてプライドの高さが原因で、不倫にハマりやすくなっています。私が見てきたエリートの不倫女性たちが、その後幸せになれたかはわかりません。

なぜなら、私は探偵として調査を行い、不倫の証拠を奥さん達に渡しているからです。

その結果、離婚もできず、慰謝料だけ取られる。または、不倫の事実が表沙汰になったことも多数あったはずです。

ただ、彼女達にただ非があるとは思えません。

被害者の目線ではなく、探偵の目からみれば、彼女達は不倫にのめり込むことしか出来なかった社会の被害者でもあります。

願わくば、多くの努力をしてきた彼女達が道を間違えずに良い恋愛をしてもらえればと思いますが、世の中というのは、そう単純なものでもありません。