安定が油断をまねく?女性に浮気をされがちな男性の特徴

女性の浮気に対して無頓着な人が多い男性ですが、最近は男性も女性の浮気に対する配慮を行わなければならない時代になってきました。

なぜなら、かつてよりも女性が浮気をするリスクは時代を追うごとに高まってきているからです。

例えば女性の社会進出は女性に大きな浮気のチャンスをもたらしました。

かつては家にいるだけだった女性も、職場に出ることによって異性の交遊関係も増えるため、当然そこで出会う男性に惹かれることも増えるでしょう。

また、インターネットの発展と共に、WEBを通して異性と出会う機会も増えてきたのも問題です。

それでは、女性の浮気に対して男性はどの様な対抗策を取ることが出来るのか?

今回は女性の浮気を防ぐための様々な方法について記して行きたいと思います。

とにかく一緒に居る時間を過ごす

女性の浮気の原因の一つに、強い不安を感じると魅力的な異性との浮気によってストレスを解消しようとする趣があります。

それを防ぐために一番良い方法は、空いている時間をできるだけ彼女のために使うこと。

ただ、おそらく男性が最も苦手な部分かもしれないので、言われても簡単に出来ませんよね。

 

なにせ男性というのは一人の時間が必要な生き物。いくら好きな奥さんだと言っても、一緒に居ると息が詰まってしまう事だってあるはずです。

そこでおすすめなのが、一緒に同じ趣味を持つことです。

休日デートとなると、ついつい奥さんの趣味に合わせてしまったり、自分の趣味に奥さんを突き合わせてしまうことで、男性が強いストレスを感じやすいかもしれません。

 

しかし、一緒におんなじ趣味をもてば、その時間は男性にとって息抜きであると同時に、女性からすればパートナーとの愛情を確かめられる大切な時間になるでしょう

おすすめの趣味としては手軽でお互いにストレスを発散させられるものが望ましいです。

例えば映画鑑賞や、釣り、もしくはスポーツなど、非日常を味わいつつ、二人で同じ世界を共有できるものが最高です。

 

音声通話を頻繁に行う

最近はLINEなどの普及によりテキストやスタンプだけの会話で済ませてしまうカップルも増えてきましたが、これだけでは愛情を伝え合うのはかなり難しいです。

特にお互いに仕事が忙しい夫婦ともなれば、LINEを使ったコミュニケーションもどんどんとそっけなくなり「夕飯なにがいい?」「カレー」「OK」といった業務的なメッセージのみに終始してしまうでしょう。

 

しかも、こうしたやり取りは本来女性は望んでいませんし、むしろ男性側が「便利だから」「無駄がないから」といった理由で多用としているケースが多いです。しかし、そうしたコミュケーションばかり続けていては男女関係が冷え込むのは当然ですし、お互いに浮気のチャンスを与えているだけとも言えます。

そこで、まずは普段のコミュニケーションもテキストを控え、きちんと音声連絡を取るようにしてみてください。

 

じつは対人コミュニケーションにおいて、相手の意図をくみ取る時に重視されるのは、言葉の中身よりも、しゃべり方やイントネーションを重要視されています。

たとえば「今日はカレーがいい」という文面だけだと、確かに連絡事項としてはシンプルで、相手が伝えたいことは伝わっていると感じるでしょう。

しかし、ここにもしも料理を作ってくれる相手への愛情を含めようと思えば、感情を織り交ぜて発言する必要があるので、直接しゃべったほうが自分の気持ちは素直に相手に伝わるのです。

 

ただ、テキストに感情的な文面や記号を入れれば問題はありません。顔文字やハートマークに代表されるような表現は、とくに短文で連絡を取り合う必要性がある現代で発展してきた文化であるため、どうしてもテキストのみでやり取りをするなら、こうした技法を用いて愛情を伝える必要があります。

しかし、男性はあまり自分の感情を表に出したがらない人も多いので、文章で愛情を表すほうがなかなか難しいですよね。

だからこそ、奥さんとじかに喋ったほうが、相手にも愛情がしっかり伝わるはずなのです。

 

待ち受け画面・ホーム画面を二人のツーショットにする

浮気を防ぐ方法の一つとして、浮気心が沸いた時に相手に罪悪感を沸かせる方法があります。

浮気に対して罪悪感が沸くのは男女の共通事項ですが、特に男性よりも女性の方が倫理観が高く、道徳心も強くもっているため、浮気に対する強い罪悪感を持っている人が多いのです。

そんな罪悪感を引き出すためには、普段から自分のことを思い出してもらえるアイテムを身に着けて貰えるのが一番です。

 

自分のことを常に思い出してもらえるアイテムとして最も効果的なのは、やはり写真です。それも普段から目にする所に設置してもらえれば、浮気心が沸いた瞬間でも自制心が働き、自分の気持ちをコントロールできるはずでしょう。

また、相手に写真を持ってもらう時は、出来る限り自分の行いを見せるようにした方が良いかもしれません。

また、自分の写真を持っていてもらう場合には、自分の携帯にも奥さんの写真を待ち受けにする必要があります。

 

自分からのプレゼントを身に着けてもらう

携帯電話にパートナーの写真を使うことに抵抗がある場合は、お揃いのペンダントやネックレス、イヤリングや指輪などを常に身に着けておくことをお勧めします。

とくに仕事の理由などにより、結婚指輪を手にはめていない夫婦は要注意。

それだけで、自分には正式なパートナーが要ることを時々自覚できなくなってしまいます。

もしも指輪がだめなら、ペンダントトップにしてもらっても良いでしょう。

とにかく普段から、お互いに愛し合っている事実を確認できるアイテムを身に着けていてください。

 

まとめ

男性自身も自らの浮気に注意しなければなりませんが、女性の浮気にも今後は十分に注意を払い、浮気予防の努力を惜しんではいけません。

そして、女性に浮気の心配をしておけば、それだけ自分がパートナーを愛している事実にも気が付けるはず。

ジェンダー問題に捕らわれることなく、男性も女性を深く愛していれば、嫉妬するのも自然な行いなのです。